« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

完売しました☆

昨日は台風の影響もなかったみたいで☆よかったです。

Photo

友人の一日パン屋さん

手作り☆こころのこもったお菓子たち。

恵那の友人からの写メです

ナイトマーケットに出展しました。

Photo_2

火をかこんで☆みんなひとつに

焼き菓子とパンは完売したそうです

月夜のカーニバル☆

20120928_10054

秋の味覚が焼き菓子になって。

Photo_2

いいにおいがしてきそうです

美味しく焼きあがったパンたちが勢ぞろい

Photo_3

今日だけの友人のパン屋さん“miel(ミエル)”。

フランス語で蜂蜜という意味。

恵那の里ちゃんのパン屋さんが出展です。

月夜のカーニバル one 輪 one

恵那の根の上高原で満月の夜のイベントです。

Photo_4

すてきなイベントですね

梅とろりん☆ノンアルコール梅酒。

Photo_2

とろりん”とはなんと美味しいそうな表現なんでしょう

北九州市でお酒の研究や開発に取り組むグループ

『さけのいちざ』がプロデュースしたノンアルコール梅酒。

“梅とろりんフリーダ0・00%”

大粒の南高梅と酒米からつくった米あめをブレンドして

つくられたノンアルコール梅酒。

とろりとした食感が楽しめます。

飲めない人、飲まない人も飲んだ気分を味わえる

“梅とろりん”。

ノンアルコールなので車の運転もOK

運転手さんにやさしい梅酒です。

Photo

天使の羽☆

Photo

りゅうせい背中には、

白い毛がまるで天使のはねのように生えています

すごくないですか~

ナニコレです

りゅうせいは田中酒店に舞い降りた天使です

煮込み豚バーグ。

Photo

豚ミンチでヘルシーハンバーグ

Photo

ジューシーに美味しく仕上げるために、

八海山の塩麹を使ってみまいした。

Photo_2

ちょうど、のむさんに行ったら、

うれしいことに1個150円のトマトが熟し過ぎていて、

お安くかご盛り5個で、なんと!200円になっていたのでゲット

最後にトマトを入れて、爽やか煮込みハンバーグのできあがり。

そんな煮込みハンバーグにおススメは、八海山のスパークリング。

Photo

一層おいしい時間をいただけそうです

☆おでんと日本酒。

Photo_4

刑事もののドラマでよく見かけるおでんの屋台。

美味しそうにおでんと日本酒をのんでいます。

“日本酒とおでん”

ほっと温まる組み合わせ。

秋の風を感じたら、

秋のひやおろしの出番です

わたしのおススメは酒屋八兵衛の純米ひやおろし。

Photo

米の旨味に酔いしれてしまいます。

心も体も温まる、旨い酒です

名物☆ひだコロッケ。

お向かいのやすくんにお土産をいただきました

Photo

飛騨古川では“きつねの火まつり”というのお祭りがあって、

きつねの嫁入り行列を見てきたそうです。

Photo_2

大きな飛騨牛が入っていて、

じゃがいもがころころとしていて、なつかしい味がしました。

Photo_3

オーブントースターで温めて

カリッと美味しくいただきました。

ご馳走さまでした

丹沢山☆ひやおろし。

Photo_2

“丹沢山 純米吟醸 ひやおろし”

神奈川の地酒。

川西屋酒造店で醸されている丹沢山。

地元産の若水を55%まで磨いています。

熟成とキレを楽しめ、

食中酒におすすめです

秋の味覚といっしょに

サンポ☆

Photo

散歩から帰ってきたりゅうせい。

暑かったので、土間でクールダウン

Photo_2

ハーハー

Photo_3

前からのショット。

Photo_4

何☆撮ってんの?

Photo_5

キラーン余裕の笑顔

秋のひやおろし☆

Photo

田中酒店☆おすすめ!

秋のひやおろし。

Photo_2

続続と入荷中

Photo_3

美味しいわん

百年梅酒☆茨城県水戸。

Photo_2

『この紋所が目にはいらぬか

と水戸から梅酒の紹介です。

梅酒三種。

これで疲れた一日も一件落着しそうです。

Photo_3

ブランデーベースの濃厚な梅酒。

蜂蜜が入って、さらに深みが増します。

定番の百年梅酒のほか、

“すっぱい完熟にごり仕立て

“完熟梅特別仕込み”

と梅酒三種が楽しめます。

でれも美味しくて☆迷いそうです。

田中酒店おすすめの梅酒です

大信州☆純吟 ひやおろし。

Photo_6

“大信州 別囲い 純米吟醸 ひやおろし”

濃縮感のある旨味が広がり、辛口の仕上がり。

蔵のある豊野町はりんごやぶどうの産地。

寒さ厳しい山深い蔵では自然との融合をもってお酒を醸しています。

水、米、人、と自然が一体となって“大信州”が生まれます。

大信州☆ひやおろし。

Photo_3

“大信州 別囲い 純米大吟醸 ひやおろし”

大信州は長野県の地酒

自然と一体となってお酒造りをしています

大信州の“別囲い”とは鑑評会出品酒と全く同様に仕込み、

冷蔵で特別に囲ったお酒のことをいいます。

Photo_4

香り豊かでやわらかな口当たり。

Photo_5

冷酒または常温で美味しくいただけます

里ちゃんのパン教室☆

Photo

恵那の里ちゃんのパン教室

おいしくいい色に

焼きあがっています。

Photo_2

恵那の美味しい空気。

楽しいパン教室。

わたしも参加したくなります

黒牛☆ひやおろし。

Photo_6

黒牛 純米雄町 ひやおろし

黒牛を醸しだすは和歌山の名手酒造。

いつもの骨太な黒牛ではなく

いつもよりおとなしめの黒牛となっています。

フルーティな香り

ふんわりと口中に広がる旨味

Photo_8

Photo_7

ぜひ☆秋の夜長におススメです

つちやのケーキ☆

Photo_5

大垣☆つちやのケーキ

シュークリーム。

食欲の秋がやってきました

栗のケーキは売り切れていたので

いちごのケーキにしました。

甘く☆癒されるケーキ。

ほっとティータイムです

庭のうぐいす☆ひやおろし。

Photo_4

“庭のうぐいす 特別純米 ひやおろし”

和菓子屋さんに栗きんとんが並びはじめ、

田中酒店の店頭にも秋のお酒

“ひやおろし”が並びはじめました

庭のうぐいすは福岡の地酒。

山口酒造場が醸すお酒。

Photo_2

穏やかな香り。すっきりとした飲み口。

食中酒に合います。

夏の間になめらかな旨味が増して

秋の味覚にあいますよ

Photo_3

焼きなす☆

Photo

ピカピカのなす

Photo_2

魚焼きグリルで真っ黒に焼かれて

香ばしく美味しい焼きなすの出来上がり

生姜じょうゆでいただきました

美味しくて言うことナス

天吹☆ひやおろし。

Photo_2

『天吹 特別純米 山田錦 ひやおろし。』

天吹は花酵母が特徴の蔵です

特別純米の酵母はベゴニア酵母。

佐賀の地酒です。

紹介いたしますお酒は

日本酒度が+12と大辛口のひやおろし。

日本酒度が+になるほど辛口になり、

-になるほど甘口になります。

が、

実際は日本酒度の数値だけで味わいははかれません。

重要な成分の酸味でまた、甘く感じたり、辛く感じたりと

味わいが変わってきます。

また☆そのへんが面白いところ

Photo_3

天吹は花酵母ならではの華やかな香りが特徴ですが、

こちらのひやおろしは天吹らしくない香り控えめの辛口です。

コクを感じながらキレ味抜群のお酒

燗にしていただいてもいいキレを魅せてくれます

ネバーランド☆

Photo

モロヘイヤとおくら

ねばねばです

体にやさしいネバネバ。

納豆に混ぜてまさにネバーランドです

秋あがり☆純米 正雪。

Photo

『正雪 純米 秋あがり

正雪は神沢川酒造場で醸されています。

静岡の地酒。

酒造好適米「出羽の里」を使用。

夏の間じっくりと低温熟成させて

秋あがりした純米のお酒。

香り穏やかで、

秋の味覚ともにじっくりと楽しめるお酒です

ぬいぐるみ?☆

Photo_3

Photo_4

りゅうせいもぬいぐるみ?

にまじって

歯がいのち☆

Photo_4

わたしの歯が抜けたわけではありません

りゅうせいの歯が生えかわっているんです。

4ヶ月くらいから乳歯が抜け落ちてきて、

永久歯が生え始めてます。

きらっと光る白い歯が生えそろっています

姿☆純米吟醸原酒 秋上がり。

Photo

姿 純米吟醸原酒 秋上がり

ひとあし早く秋の姿を見せています。

『姿』は栃木の飯沼銘醸が造るお酒です

姿らしい香りのよさとしっかり旨味が味わえます。

燗にしていただくと一層姿の良さを堪能できます

お母さんのぬかどこ☆

Photo

農協で米ぬかをもらってきて☆ぬかどこをつくります。

米ぬかには美肌効果のあるビタミンEがあって、

ぬか漬けは☆腸の調子を整えてくれる

乳酸菌が摂取できるので便秘にもよさそうです。

きゅうりやなすを漬けて☆一日二日で

美味しいお漬物ができるぬかどこは

日本人に生まれてよかったと思わずにはいられません

ひやおろし☆

残暑お見舞い申し上げます。

まだまだ☆暑いですが、

秋の旬のお酒“ひやおろし”の季節がやってきました

暑さをしのぐ☆喉越し爽快のビールから

味わい深い日本酒が美味しい季節になってまいります。

秋の味覚と一緒にいただくと一層美味しく味わえます

ひやおろしとは

冬の寒い季節に仕込んだお酒を

春先に火入れ(加熱処理)を行い、

夏の間、蔵の中で貯蔵されて

程よく熟成された秋に出荷されるお酒のこと。

味に円みをおびた“ひやおろし”が

これから☆どしどしと出てまいります

Photo_2

どんどんと紹介してまいります

高みの見物☆

Photo

りゅうせいもお手伝い。

Photo_2

手伝いをしているのか

ジャマしているのか笑。

Photo_3

そして☆高みの見物

ど黒☆

Photo

骨にしみわたる芋焼酎“魔界のX、O ど黒

は佐賀県の光武酒造さんで造られています。

魔界のX、Oとは

魔界の使者から届く

X(エクストラ)特別なO(乙類焼酎)の意味。

ど黒のネーミングとは反対に円やかな口当たり。

旨味がじんわりと口に広がり、

骨にしみわたる芋焼酎です

Photo_2

へびどし☆

Photo_4

まだまだ暑いですね

9月がスタートしました。

もう来年のスケジュール帳が出はじめたんですね。

2013年はへびどし

なのでへび柄の手帳です。

ポップシールとボールペンもセットで買っちゃいました

ピンクや黄色☆限定色のシルバー、赤色と白☆色は5色。

縁起が良いので白いへびにしました。

10月始まりのスケジュール帳なので

ちゃっかり自分の誕生日を書き込んじゃいました。

Photo_5

もちろん☆雑貨屋コルリでゲットです。

巻き尾☆

Photo

柴犬は巻き尾が魅力です。

きれいに巻いたしっぽ

Photo_3

劉星のチャームポイントは“まつげ”

ブロンドのまつげ。

日本犬なのに金髪まつげです。

体重が6.2㎏になってすくすく育ってます

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »