« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

梅干しづくり☆

今年も梅干しづくりのはじまりです

Photo

紫蘇の葉っぱを茎から外す作業です。

いい色に漬かりますように

夢のあと☆本格麦焼酎。

宮崎県☆松の露酒造。

本格麦焼酎☆夢のあと

ほのかに優しい麦の香り、

まろやかな口当たりと爽やかな味わい

Photo

Photo_2

『平成24年 熊本国税局主催 酒類鑑評会』にて、

“夢のあと”が優等賞を受賞しました。

夢のあとのおいしさが表彰されました

とまとと塩こうじ☆

Photo_3

トマト+塩こうじ。

この組み合わせ☆おいしさがマシマス

夏のかんたんレシピ

トマト☆キュウリ☆もやし☆を塩こうじであえて

冷やしうどんにトッピング

後はチーチキンとかけぽん☆オリーブオイルをまわしかけて

冷やしうどんの出来上がりです。

野菜がおいしく、たくさんいただけますよ

ガーリー☆ベア。

Photo

またまた☆K下氏からお土産をちょうだいしました。

幸せを運ぶガーリー☆ベア。

100円でゲッツしたそうです

りゅうせい☆幸せそうな寝顔をしてます

また☆お友達が増えて喜んでますよ

本造り☆米酢。

Photo

老舗内堀醸造株式会社☆原点の『逸品』。

米と米麹を大切にし“酢造りは酒造りから”を信条に

丁寧に造り上げた、深い味わいの純米酢です。

酢の物や寿司など幅広くお使いいただけます

Photo_2

うちでは毎年☆お母さんが内堀の米酢で

らっきょうをつけてくれます

内堀の米酢はとても円やかで美味しいですよ

シングルモルト☆

Photo

白州と山崎 シングルモルトウイスキー。

『麦芽原料を使用して仕込み、発酵させ、

1つの蒸溜所で蒸溜した原酒だけを

ブレンドしてつくり上げたウイスキー』のことを

“シングルモルトウイスキー”と呼びます。

数多くあるウイスキーの中でも、

シングルモルトウイスキーは、

蒸溜所がある土地が育んだ"地酒"のような

ウイスキーなんです。

普段ウイスキーを飲まない人から女性まで魅了します。

夏は“ハイボール”でよりいっそうすっきりと

お食事中☆

Photo_2

Photo_2

毎日、ごはんをおいしそうに食べてます。

ワイルドに素手で捕まえると☆

はさみにはさまれて結構☆痛いものですね。

今は箸でつかまえて、棲みかのお手入れしてます

りゅうせいの成長☆

Photo

抱っこすると☆ずしっと重たくなってきました

このポーズ☆とってもキュートだぜー

房島屋 純米ブルーボトル☆仕込19号。

Photo

『房島屋 純米ブルーボトル 仕込19号』

夏の☆ボウジマヤブルー

夏向けにドライに仕上げた仕込19号のタンクの

お酒を無ろ過生原酒で瓶詰めしました

好評発売中の

夏の生酒『ジュンギン兎心(ところ)』に続きまして

夏の生酒『純米ブルーボトル』の発売です

Photo_3

数値にとらわれずに自由に飲んでもらいたいと

日本酒度や酸度、使用酵母の数値は非公開。

新たな房島屋に出会える“純米ブルーボトル”

お楽しみください

うちのかんばんむすこ☆

Photo_4

看板のチョークの文字を顔で消し。

ピンク色にお化粧です。

いたずらダイダイスキ

りゅうせいでした~

ちょびっとだけ☆

2011_3

フランス自然派ワインの巨匠 マルセル ラピエール。

エチケットのイラスト通り☆

化学肥料、除草剤、殺虫剤は用いず、

健全なブドウのみを使い、人々に感動をあたえるワインを造る。

それが彼のモットーなんです。

マルセル ラピエール

ヴァンド フランス レザン ゴーロワ2011

夏の赤ワイン。

ちょっびっとだけ冷やして。

ピュアでフレッシュでしっかりとした旨味を

味わってください

水なす☆

Photo

水なすのおすそわけ

Photo_2

ピカピカの水なす☆いい仕事してます

Photo_3

皮がとてもやわらかくて☆みずみずしい水なす

なすがままにおいしい水なす

ご馳走様でした

りゅうせいの夏。

Photo_2

日本の夏

うちわで涼をとる。

りゅうせいの夏

うちわでいとおかし

庭のうぐいす☆なつがこい。

Photo_3

爽やかなブルーボトル。清らかな水色。

青い鳥☆うぐいすが幸せな時間を運んでくれます

Photo

庭のうぐいす☆特別純米 なつがこい。

庭のうぐいすは福岡県の山口酒造場で醸されています。

古くから酒どころとして知られた筑後地方にある酒蔵。

爽やかなリンゴ酸が、夏の暑さを癒してくれる

季節限定の特別純米酒です。

キリリと冷し、夏の食べ物と合わせて、

ゴクゴク楽しんでいただけるよう

爽快な飲み口に仕上げています。

避暑酒にどうぞ

うれしい☆当選!!!!

注文していないはずの

“かつおのたたき”が送られてきた~~

』なんでだったっけ?っと。

Photo

少し前に応募した、やままさの“かつおのたたき”が

当たったみたいです。すっかり☆忘れていました。

うれしい当選です

Photo_2

もちろん新鮮なうちにいただきました。

炭火焼きなので、香ばしくて

中身はもっちっりとしていてとても☆おいしかったです。

かつおのプレゼントとっても☆うれしかったので

父の日の贈り物にします。

今年はこれに決定

八海山の焼酎で仕込んだ梅酒☆にごり。

Photo_4

八海山の焼酎で仕込んだ梅酒☆にごり。

とろ~り梅酒

とろりはうまい

とろり感はおいしい余韻を長く感じさせてくれます。

楽しい時間は早く過ぎていってしまうので

ゆっくりと味わいたいものです。

とろりの余韻をたっぷりとお楽しみください。

Photo_5

見てください

こんなにもたっぷりな“にごり”を

きっと☆じゅうぶん

美味しい余韻を味わえそうです

テンシンハン!!!!!

Photo_3

ふわトロたまごの天津飯

ふわトロたまごは塩こうじで味付け。

『八海山の塩こうじ』は、まろやかで旨味があって

料理さらにおいしさアップしてくれます

塩こうじはまさに魔法の万能調味料

野菜の甘味もひきだしてくれるので、

☆野菜だけの炒め物でもおいしくいただけます。

お肉少な目のギョウザも塩こうじを調味料に

さっぱりヘルシー餃子の出来上がりです。

Photo

140g入り 630円(税込み)

500g入り 1575円(税込み)

八海山醸造の麹をつかった

塩こうじなので、円やかでおいしいですよ

八海山☆特別純米原酒。

Photo

八海山☆特別純米原酒

掛米に山田錦を使用し辛さを抑えた

深い味わいと爽やかさが特徴の純米原酒。

長期低温発酵のもろみ。

ふくよかで気品ある香りをお楽しみください。

『夏のHAKKAISAN。』

季節限定のお酒です

Photo_2

花子とタロー。

Photo

窮屈な甕の中から解放

洗面所で少し自由をあじわっています。

Photo_2

花子。(めす)

Photo_4

タロー。(おす)

かにはお腹を見るとオスかメスか分かります。

腹部が扇形なのがメスで

鋭角の三角形になっているのがオスだそうです

大海☆蒼々。

Photo

夏におすすめの芋焼酎。

“大海☆蒼々”(たいかいそうそう)

鹿児島県の大海酒造が醸す芋焼酎。

温度管理が難しい特殊なタイプの白麹を

用いて低温で醸しています。

果物のような香りとふくよかな甘みが特徴的な

すっきりとした味わいの芋焼酎です

飲み方はロックがおすすめです

よこがお☆

Photo_2

癒されます

この可愛らしさに。

奥播磨☆夏の芳醇超辛。

Photo

夏の限定☆青ラベル

『奥播磨☆純米吟醸 夏の芳醇超辛』

奥播磨を醸し出す兵庫県の下村酒造。

下村酒造は9割は山林に囲まれ澄んだ水と空気、

豊かな自然の中でお酒が造られています。

米の旨味も充分味わえて

ガツンとキレの良いお酒。

まさに芳醇超辛です。

この夏のおすすめです

なめこ☆

Photo

りゅうせいの楽しい遊び友達が増殖しました

やっぱり☆K下氏のおみやげ。

『なめこ』らしいです。

可愛らしいのでわたしも欲しくなっちゃいます

いつも☆ありがたいワン。

TUSIMAYA☆

Photo

『夏のTUSIMAYA。』

見た目も涼しげな岐阜美濃加茂の地酒。

津島屋 純米吟醸 信州産 美山錦 

バランスの良さがキラり光ります。

夏にぴったり

香り爽やか飲み口爽やか~。

清涼感がたっぷり

田中酒店の夏のおすすめです。

おもひふける☆

Photo_4

哀愁ただようりゅうせい。

水芭蕉☆純米吟醸 おりがらみ生酒。

Photo

6月1日発売

“水芭蕉 純米吟醸 おりがらみ生酒”

蔵元さんより。

酒質

開栓と同時に広がる新酒純米吟醸のほのかな香り、

口中に含むと独特の旨味と 米の持つ甘味が特徴です。

コンセプト

まだ残雪残る尾瀬を「おりがらみ」として表現し、

大自然の恩恵を最大限に 生かした清廉な味わいを

楽しんでいただきたいとの思いで醸しました。

Photo_2

清楚な香りがする水芭蕉は群馬県の永井酒造で醸されています。

尾瀬の大地でゆっくりと濾過され、ミネラルたっぷりの仕込み水。

水の特徴を充分に引き出して水芭蕉は醸されています。

夏におすすめ

優しく柔らかな米の旨味。美味しいですよ

さわがに☆

Photo_5

さわがにくん

料理屋さんからいただきました。

Photo_6

甕雫の甕でかってます。

えさは米つぶです

金蝶園。水まんじゅう☆

Photo

金蝶園の水まんじゅう

大垣名物☆水まんじゅうをいただきました

兎心☆トコロ。

Photo

美味しいオーラを放っているトコロ

“兎心”兎の心と書いていてトコロと申すお酒です。

夏がキテマスキテマス

今年も揖斐の所酒造から夏の生酒が

田中酒店に来てます

酸の超魔術師 所氏のハンドパワーで醸した

“房島屋 純米吟醸 

五百万石 おりがらみ 生酒”

旨味を引き立てる酸。

料理の旨味を引き立てる房島屋の酒

Photo_2

兎心じるしは美味しいしるし

招き猫?☆

Photo_2

田中酒店の入り口でお客様をお出迎え

うちの招きねこ

Photo_3

男の子なので。

女子高生の姿をじっと見つめて

目で追ってます

Photo_4

なんて☆猫ではありません。

ちゃんと犬です。劉星です。

うしろ姿は猫をかぶっています

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »