« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

かるくいっぱい入荷☆

『かるくいっぱい』入荷です

Photo

5月も今日で終わり。

これからの季節、湿気がまとわりついてきて、

カラダが重たくてシャキっとしなくなります。

そんな時、出番ですよ~

シュワット軽く一杯

この一本でカラダが元気によみがえります。

食欲がなくなる梅雨や夏。

食欲を刺激してくれる食前酒として、

冷蔵庫に冷やしておきたい一本

“かるくいっぱい にごり酒”

神亀酒造製ですので、甘くなく

米の甘味は感じつつ、シュワッと爽快なにごりです。

300mℓとのみきりサイズになってます

なかよし☆おともだち。

Photo_2

お友達と一緒にハイポーズ

Photo

K下氏が、とってきてくれたぬいぐるみにもう☆夢中

かたつむり☆

Photo

韓国のお土産

かたつむり粘液抽出物を配合したシートマスク

ぷるぷるお肌になりますように

Photo_2

ぶたのエチケット☆

Photo

ぶたのエチケットが愛らしいワイン。

造り手のルネ ジャン ダールの故郷では豚肉を日常的に食べることから、

豚肉料理に合って、気軽に楽しめるワインをコンセプトに造られました

“レ シャン リーブル”はフランス語で“自由な畑”という意味。

ワイン法に縛られずに楽しみながら美味しいワインを造っています。

Photo_2

レ シャン リーブル ラール デ ショワ 白。

フレッシュで爽快な白は、食欲を刺激してくれるので

食前酒におススメです。

Photo_3

レ シャン リーブル ラール デ ショワ 赤。

甘酸っぱい赤は、豚肉料理にぴったりです。

エチケットにはねずみも、ちょこんとすわって、

日本語で鼠とあります。

ルネ・ジャン氏自身がねずみ年で日本好きということから、

こんなお茶目なラベルになりました

エチケットように面白くて、楽しいワインです。

プレゼントにも喜ばれそう

くつしただいすき。

Photo_21

りゅうせいは靴下がダイスキ

ひとしきり遊んで

Photo_20 

くたびれた~

心の音。

Photo_11

ささみの柚子胡椒。海ぶどう。胡麻豆腐。

Photo_12 

お刺身。

Photo_17

ふわふわ卵のおあさのソース。

Photo_13 

大きな海老マヨ。プリップリ

Photo_14

も喜んでいると思われる、

7時間煮込まれた豚肉が唐揚げに。

口の中でとけていきました。

Photo_15

トマトパスタ。

Photo_16

お抹茶のわらび餅。

お酒の心を味わう会では、

こうして☆心音(ここね)さんの

心のこもった料理を楽しみました。

Photo_18

料理を引き立て、楽しませてくれた日本酒も勢ぞろいです

日本酒はそれぞれの人に素敵な時間と

人との出会いをもたらしてくれる魔法の雫です。

耳を澄ますと心の音が聞こえてくるそんな空間を

提供してくれた心音さん。

お酒のに向かう真っ直ぐで真面目なお二人の

御代桜醸造の酒向杜氏と高木酒造の高木よしえさん。

会に出席してくださった日本酒を愛する皆さん。

感謝です。ありがとうございました

Photo_4 

和ダイニング 心音(ここね)

〒503-0901

大垣市高屋町1丁目48番地

TEL0584(47)9994

ハッピー☆マリアージュ。

Photo

美味しい料理にはもちろん☆美味しいお酒

お酒の会。心音さんのお料理と日本酒をいただきます

Photo_4

“津島屋 純米吟醸 美山錦 無濾過生”

とお刺身のマリアージュは感動的

素晴らしいマリアージュ体験

お刺身の繊細なとろけるような甘味がさらに増して、

思わず目がハートです

『津島屋』は酒向杜氏が醸し出す

五味五感の調和を味わうことができます。

美味しい日本酒は素材の繊細な味を引き立ててくれます

Photo_5

“初緑 特別純米 無濾過生原酒”と

Photo_6

豚の角煮の唐揚げ。

お肉の旨味にも負けない初緑の米の旨味。

こちらも納得のマリアージュ。

そして☆初緑さん、ご結婚と

Happy マリアージュでございます。

大垣の中心で美味いを酒ぶ。

Photo

御代櫻醸造の酒向杜氏

Photo_7

高木酒造の蔵娘の高木よしえさん

21日の金環日食

22日の東京スカイツリー開業に引き続き、

23日晴れの日に

大垣の和ダイニング心音(ここね)さんで

お酒の心を味わう会を開きました。

お酒の造り手のお話をじっくりと聞くことができる

密室で会が始まりました。

近い距離なので☆まずはおふたりの肌のつやの話題から。笑。

とても☆つるんとしてきれいなお肌をしてました

お酒造りをしている人の肌はつるつるぴかぴかです

Photo_3

海ぶどう。ぷちぷちの食感が美味しいですよね。

Photo_5

酒向杜氏の自信作

“純米大吟醸 雫酒 杜氏 酒向”で乾杯です。

『おいしい~』と心の声が聞こえてきます。

Photo_6

“初緑 大吟醸 斗瓶囲い”

とてもみずみずしい大吟醸でおいしかったです

これから☆美味しい料理とお酒がどんどん出てきますよ。

そして、まだまだつづきます。

ニコちゃん☆

Photo_2

店主のアイフォン。

イヤフォンジャックの着せ替えです。

いつも笑顔です

親バカ☆

Photo

田中家に家族がひとり☆増えました

田中劉星“りゅうせい”と申します

生まれたてのころ、額に白い星があったそうです。

偶然☆名前に星をいれていたのが運命を感じます

Photo_2

Photo_3

まだまだ☆わんぱくですが、とても可愛くて、

親バカしてます

Photo_4

ぜひ☆劉星に会いに

田中酒店に遊びにきてワン

大倉☆純米大吟醸 雄山錦。

Photo

ジュンマイダイギンジョー

大倉は奈良の地酒

“大倉☆純米大吟醸 雄山錦 無濾過生”

こちらは食中向けのダイギンジョー

上槽後、2ヶ月の間☆寝かせているので

角が取れ、まろやかな味わいが楽しめます。

香りは穏やか、ふくよかで上品な甘味が

大倉らしいキリッとした酸味と溶け合い、

キレのよい仕上がりとなりました

シュワっと感が楽しめる直汲みと

香味のバランスがよい中取り。

お好みで選べるうれしい大倉の大吟醸

シャクヤク☆

Photo_2

『立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花』

の諺のように、シャクヤクは、とても美人なお花です。

お花はお母さんのお友達から

ちょくちょくいただきます

これからの季節は☆お家には花がいっぱい。

パっと明るくなって癒されます

Photo_4

こちらも☆シャクヤク。

こちらはキュートなシャクヤクです

おこげ☆煎焦仕込み。

Photo

大分県の老松酒造の麦焼酎

“麦焼酎 煎焦仕込み おこげ”

麦を焦がしたものを煎じて、

麦の旨味と香りを抽出します

ズバリ“おこげ”の名前通り、

香ばしい麦の香りと味わいを

楽しむことができます

こげうま焼酎です。

田中酒店おすすめの麦焼酎でございます~

油揚げ☆おばんざ~い!!!

Photo

小松菜をた~くさんいただいたので

小松菜と油揚げのおばんざいを作りました。

油揚げはいつも冷蔵庫に常備してます

油揚げのおかげで、ぐんと美味しさが増します

Photo_2

油揚げをしばらく煮てから、

Photo_3

小松菜のじくと葉っぱと順に入れて

おばんざいの出来上がり~。

油揚げばんざ~い

房島屋☆純吟無濾過生☆吟吹雪

Photo_2

房島屋 純米吟醸無濾過生☆吟吹雪。

岐阜☆揖斐の地酒

房島屋が醸しだす吟吹雪は一期一会となるやも。

“吟吹雪”(ぎんふぶき)

酒米の横綱格『山田錦』と滋賀の好適米『玉栄』の

DNAを持ち合せた酒造好適米です

Photo_3

米の柔らかい甘味を充分味わうことができ、

房島屋の酸がキレを生み出します。

房島屋の吟吹雪をご堪能くださいませ

あんぱん+クリームぱん。

Photo_7

あんぱん

Photo_8

あんぱん+クリームぱん

絵になるおいしさです

70年ぶりに勢ぞろい!!!

今年はスペシャルな大垣まつりでした

今年は2両の軕が復元されて

70年ぶりに13両の軕が勢ぞろいです

濃尾震災や太平洋戦争などで多くの軕を失い、

少しずつ復元、修復されてきました。

今年、浦嶋軕布袋軕が復元され、

全13両の軕が蘇えりました

Photo_2

屋形には浦嶋太郎が立っている浦嶋軕

Photo_3

鳳凰の水引は宇宙を創造させます。

Photo_4

うしろ姿が輝いています

Photo_5

布袋さんが見守っている布袋軕。

Photo_6

存在感のある、うしろ姿です。

夜の軕は提灯にあかりが点り、

幻想的な気分を味わえて楽しませてもらいました。

そしてお土産に屋台でベビーカステラを買って帰りました

お祭りって本当にいいもんですね

鯨波☆袋吊り入荷しました!!!

Photo_2

岐阜☆中津川の地酒。鯨波(くじらなみ)

鯨波を醸す蔵☆恵那醸造は

標高が高く、見晴らしの良い所にあります。

雄大な空に浮かぶ雲が鯨のように

大きな空を悠々と泳いで見えることから

鯨波と命名されました

鯨波 純米吟醸 袋吊り 生酒の入荷です。

限定で貴重な袋吊りとなりますので☆お早めに~

袋吊りとは。

もろみを酒袋に入れて吊るし、

自然の重力だけで垂れてきたお酒を

集める方法のことです。

圧力をかけないので、

モロミの米粒をつぶすことがないため、

雑味がなく、繊細なお酒になります

鯨波さん!岐阜県新酒鑑評会、

純米酒部門☆連合会長賞を受賞

おめでとうございます



大垣まつり☆

Photo

大垣まつり12日。愛宕軕(あたごやま)。

お店の前を急に通ったので後姿ですが。

神官の箱を開けると二羽の羽とが現れる

からくりになっているそうです。

今日の夜は提灯に明かりがともった軕を

見に行こうと思ってます

ウエルカム☆マイガーデン☆彡

Photo

完熟した桃の香りが

一瞬にして、キラキラのお花畑に連れていってくれます。

しあわせな香りに頭の中にお花が咲いたりしたりして

ようこそしあわせのお庭にとネーミングも

“和紅茶梅酒☆ウエルカム☆マイガーデン”

香り高くジューシーなフランス産の白桃と

7種類の厳選された和紅茶との出会い。

きっと☆これまでにはない感動を味わうことができそうです

何度も言いますが、頭の中に花が咲きそうなくらい

いい香りがするんです

Photo_3

お母さんのお友達が畑で育てたお花たち。

お花をみているときらきらと、ときめいちゃいます

そして、トキメク和紅茶梅酒おススメですよ

晴れの日

12日☆13日は大垣まつりです

70年ぶりに13両の車山が勢ぞろいします。

祭囃子が鳴り響き、屋台もいろとりどりと並び、

大垣は大賑わいです。

みなさんウエルカム☆大垣まつりです。

三色どんぶり☆

Photo_2

鮮やかな色をしているにんじんは

どんな時も、美味しい彩りをそえてくれます

煮物や金平ごぼう、ちらし寿司、

チャーハン、ひじきなどなど

見た目にも美味しくさせるにんじんってすばらしい

よっ名わき役

ちなみに店主はにんじんが苦手です。苦笑。

ぼうじまや☆彡

Photo_4

“房島屋 純米吟醸 山田錦 生酒”

房島屋のジュンギンオールヤマダッ

王者の貫禄をみせる酒米☆山田錦

所優氏の目指す食中酒に醸されています。

所優氏が目指す食宙酒。

所優氏の造る宇宙

世界観をお楽しみください。

(*^ω^*)ノ彡

お酒を美味しく☆料理を美味しくいただく

そんな時間をゆっくりと味わいたいですね

あおさ☆のり

Photo_3

あおさのり

昨日も今日も明日も

お汁の中に

お麩と一緒に浮かべられてます

美味しくて食物繊維たっぷりの

あおさのり

鰹のたたき☆

Photo

頂き物のかつおのたたき☆炭火焼きです

炭火は水分を含まない乾いた熱であるため、

食材に余分な水分を与えず、

食材本来の旨味を引き出すそうです。

Photo_2

たっぷりのたたきにたっぷりの新たまをのせていただきました。

表面は香ばしく、中味は柔らかくて、とっても美味しかったです

もちろん☆日本酒と一緒にいただきましたよ

かるくいっぱい☆仙亀神亀。

Photo

暑くなると喉越し爽快な

シュワっと感を味わいたくなります

そんな爽やかな願いをかなえてくれる

お酒があるんです

神亀酒造の仙亀 

にごり酒 かるくいっぱい。

飲みきりサイズの300mℓ。

阿波山田錦と最高級のお米を使用。

低アルコールの10%なので

ほんと!かるくいっぱい飲めてしまいます。

酵母が生きたまま、瓶詰めされているので

開栓すると液面が上昇してきます。

なので、何度も開け閉めを繰り返しながら

元気な酵母をしずめます。

夏の暑さ対策に冷蔵庫に冷やしておきたい

一本になりますよ

人気で速攻☆売り切れて御免していますが、

また入荷いたしますので

少々お待ちを~

Photo

Photo_2

エケコ人形☆福招き。

Photo_2 

友人からのこんな写メが送られてきました

この人形は『エケコ人形』っていうんですね。

うっすら☆テレビで見た覚えがありますが。

南米ボリビア地方の福を招くといわれるお守りだそうです

エケコ人形はたばこが好きなので

火曜日と金曜日にたばこを吸わせるといいんだそうです。

友人はご縁がありますようにと五円玉をぶらさげているみたいです。

エケコ人形はおじさん顔をしているのに

この人形は可愛らしい友人ににています。笑

滋養麩☆

Photo_10

だんだんと暑くなると

お味噌汁よりお吸い物の出番が増えてきます

大垣本町のふや惣さんですすめられた、

いつもより少し大きめのお麩。

お吸い物に浮かばせると

口の中でふわっと、溶けて、

出汁を含んでとっても美味しいです。

麩を食べると頭がよくなると言いますが、

脳を活性化するグルタミン酸が

多く含まれているからだそうです。

最近は美肌効果のある“プロリン”が

含まれているともいわれて、

美味しくて頭がよくなって

お肌もぷるぷるになるお麩を見直しました

☆レモネード梅酒。

Photo_2

レモネードの“ネード”ってどういう意味があるのでしょうか

レモネード(lemonadeはレモン(lemonのエード(ade)のことで、

エードとは果汁を薄めて甘味料を加えた飲料水のことでした。

そうなんですね。なっとくです

ということで☆レモンと蜂蜜のハーモニーが楽しめる

“レモネード梅酒”

Photo_3

レモンの爽やかな香りと酸味、

蜂蜜の厚みのある甘さが

梅酒の優しい味わいと溶けあって

飲みやすく仕上がっています。

『レモネード梅酒』

じんわりと癒されますよ

日本最大の梅酒のコンテスト

天満天神梅酒大会の梅酒部門で

3位に入賞したのもなっとくの味わいです

Photo_4

レモネード梅酒のおいしい飲み方。

暑くなると冷たい飲み物が飲みたくなりますが

たまにはお湯で割って、お好みでしょうがを入れて、

カラダに優しいホットレモネード梅酒で

疲れたカラダを温めてあげるのもよさそうです。

いろいろな飲み方で☆楽しめますね

大倉☆中取り“奈良の地酒”

Photo_3

大倉 特別純米 備前雄町

中取り 無濾過生原酒。

“中取り”の香味が一番安定するとされる

上質な部分を瓶詰

やさしくジューシーな香り。

Photo

フルボディでお米の旨味を充分味わえるとともに、

軽快な酸が全体を包み込み、心地よい余韻を楽しめます。

熟成するごとに変化する味わいをお楽しみください

たけのこのこのこ☆

Photo_2

ゆだるたけのこ。

皮ごとゆでるのがポイント

皮に含まれている成分が

たけのこを柔らかくしてくれます

たけのこのえぐみをとるために

米ぬかを一握りいれ、

味を引き締めるために

唐辛子を入れてゆでます。

あとは☆ゆで汁が冷めるまでお待ちを~

☆ぐるり大垣。

Photo

雲ひとつない、青~い青い青空を見てしまったら、

散歩へ行かないわけにはいかなくなります

駅前の平和堂へ買い物といいながら☆

抜け出して、しばし、はや歩きで、

ぐるり大垣サンポを楽しみました

Photo_2

大垣公園のサツキの蕾が

ぽつぽつと緑に彩りを添えています

Photo_3

4月のはじめ、さくらの花と人で賑わっていた水門川。

今は新緑が眩しく萌えています。

来年また人を喜ばすために

準備をしているかのようです

Photo_4

4月8日に誕生した芭蕉記念館

Photo_7

芭蕉が愛した大垣へ

みなさ~ん、ぜひ☆お越しください

Photo_5

ぐるり道草をして、平和堂まであとわずか。

さてと☆ヨーグルトと黒豆を買ってかえります

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »