« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

嶺萌☆からくち三千盛。

Photo_2

岐阜の酒☆からくち 三千盛

純米大吟醸 生酒 嶺萌“れいほう”

Photo_4

草木がえる季節。

草木のエネルギーが萌えています。

三千盛の最高峰。嶺萌

萌えたぎる旨い酒。

三千盛のキレをお楽しみください。

☆(o^-^o)笑顔のロールケーキ☆

Photo_5

デパチカでお土産にと買ってきた“ロールケーキ”

みんな☆美味しい笑顔になりました

庭のうぐいす☆特撰梅酒 うぐいすとまり。

Photo_6

特撰梅酒☆うぐいすとまりは、

祖父の夢であった極上の梅酒造りを

孫が実現した梅酒です(o^-^o)。

Photo_4

福岡県の蔵元“庭のうぐいす”の特撰梅酒 うぐいすとまり。

Photo_5

梅農家でもあった祖父のレシピを再現し、

大山産の選りすぐりの梅と自家製の酒粕焼酎を使い、

2年の歳月をかけてつくりあげています。

カラダをきりっと目覚めさせる酸味が特徴です。

贅沢な余韻をお楽しみください

スパゲッティ☆ナポリタン。

Photo

ふと思い出すなつかしの味

昭和の味。

スパゲッティ☆ナポリタン

Photo_4

ケチャップだけでは酸味があるので

喫茶店で出てきたナポリタンの味に近づけるために

酒屋のソースを+して、少々の砂糖も+して

コクをだします。

やっぱり☆鮮やかなたまごのじゅうたんをひきつめた

見た目にも美味しい鉄板ナポリタンを

食べたいところですが、

家庭でつくるナポリタンも

酒屋のソースが隠し味となって

美味しかったですよ

『酒屋のソース』田中酒店の店頭で並んでます

七田☆雄町50。無濾過生。

Photo_3

七田☆純米吟醸 雄町50 無濾過 生酒。

佐賀県の地酒。限定酒の黒ラベル。

岡山県産“雄町”を50%まで

磨き上げた純米吟醸

口中に広がる“シアワセ”なふくらみ。

そして“ノミゴタエ”でしっかりと応えてくれます。

七田謙介氏の黒ラベル。

どうぞ☆ご堪能ください

虹☆アイリス。

Photo

アイリスのぴ~んと伸びる姿。

見ていると気持ちがシャンとしてきます

Photo_3

アイリスはギリシャ語で『虹』の意味

品があってゴージャスで

存在感のある花びらが魅力的。

ちなみに、アイリスオーヤマの名前の由来は

人と商品をつなげる“架け橋”になるという意味も込めて

付けられえているんだそうです。

田中酒店も美味しいお酒に出会える

架け橋になれるよう

“アイリスタナカ”になってがんばります

神亀☆純米活性にごり酒。

Photo_9

神亀酒造(埼玉)の和製シャンパン

純米活性にごり酒です。

これぞ!にごりの元祖

Photo_13

一升瓶に一緒にピンがついています。

生きた酵母のまま瓶詰めされているので

普通に栓を開けようとすると元気に

飛び出してきます

それを防ぐためのピンなんです。

まろやかでコクがあって軽快なにごりです。

油断すると飛び出してくるので警戒が必要というわけです。笑。

爽快な喉越し

旨味も充分楽しめて『なんも言えねぇ。』と

言いたくなるくらい笑

最高においしいにごり酒です

720mℓもあります。

あうん☆岐阜まちなか再発見!!!

Photo_2

友人のお店

『雑貨屋コルリ』が

岐阜まちなか再発見フリーマガジン

aunの表紙を飾りました。あう~ん

コルリの雑貨は

思わずニマっと微笑んでしまいそうな

日常を楽しくしてくれる☆心温まる雑貨ばかりです

Photo_3

コルリのオリジナル便箋や

ミニマヨネーズの中身は修正テープ。

いろいろ☆オモシロ雑貨を

箱の中に詰めてみました。

楽しいお手紙セット

思わず☆手紙を書きたくなりますよ

花垣☆うすにごり。

Photo_2

創醸110周年を迎えた花垣

ふくいのおいしいお酒です。

☆純米大吟醸 うすにごり 花垣。

爽やかで優しい色のラベル。

ラベルは味わいをあらわします。

春から夏にかけてのおすすめの逸品。

春は新酒の初々しさを、

夏には冷たくひやしてすっきりと

のどごしの良さをたのしめるお酒です。

爽やかな吟醸香と優しい口当たり、

優しい旨味をおたのしみください

あか☆あか☆きいろ☆

Photo

ドレミ~ドレミ~ソミレドレミレ~

ドレミ~ドレミ~ソミレドレミド~

ソ~ソ~ミソ~ララ~ソ~

ミミ~レレ~ド~

ほんと☆どの花見てもきれいです

チューリップの花言葉テーマは“愛”。

さらに色によって違うんですって。

赤色は“愛の告白

黄色は“実らぬ恋

ですって。笑。

つくし飴☆

Photo

ポケットの中で出番を待っている

“つくし飴”

つくしパワーで花粉症を

やっつけてくれてます

花粉症の人を見つけては

リえもんのポケットから

『ツクシアメ~』と出てきます。笑。

庭のうぐいす特撰梅酒 おうとろ☆

Photo

nipponの

こころ製造場。

私たちが日本酒をつくるとき、

そのすべての工程で、先人たちの確かな息づかいを感じます。

世界が「JAPAN」に注目するのも、

「SAKE」が認められるのも、

すべては「nipponのこころ」のなせる業なのでしょう。

美しい水穂の国・日本。

そこで育まれてきた日本ならではの精神を

私たちは大切にしています。

庭のうぐいす。山口酒造場。

福岡で日本の心を醸しだしています。

特撰梅酒 うぐいすとまり 

鶯とろ“おうとろ”。

Photo_2

2011年の天満天神梅酒大会「梅酒部門」で優勝しました。

まろやかな甘味と酸味とバランスがよく

とろみがさらに美味しさを増しています。

特撰梅酒“おうとろ”を堪能ください

三千櫻酒造の商品について☆

Photo_4

かわいいゆるきゃらが日本酒の造り方の

説明をしてくれています

Photo_2

三千櫻 五百万石 

純米 しぼりたて 生原酒

ピンクのラベルなので限定品です

しぼりたてのシュワっと感。

みずみずしく柔らかな甘味をお楽しみください。

Photo_4

生クリームコルネ☆

Photo_5

おとなり穂の香さんの“生クリームコルネ”

また☆美味しい渦に巻き込まれてます

庭のうぐいす☆うすにごり。

Photo_4

“庭のうぐいす うすにごり 純米吟醸”

搾りたてピチピチの純米吟醸酒を、

ろ過をしずに瓶に詰め、

そのままなまのお酒の蔵出しです。

フルーツのような香り、跳ねるような飲み口、

一瞬の香味のバランスは今が旬のお楽しみです

庭のうぐいすは福岡県の山口酒造場で醸されています。

Photo_3

うぐいすの別名が春告鳥“はるつげどり”である様に、

田中酒店に春を告げに来てくれました

キレイな空色にさくら色のうぐいすの春ラベル。

ウキウキの春ですね

Photo_5

栓の上にはうぐいすがとまっています

四季弁当☆

Photo_6

お土産の柿の葉寿司弁当

おいしゅ~うにいただきました

御代桜☆杜氏 酒向。

Photo

御代桜醸造(美濃加茂)の杜氏酒向さん。

杜氏さんの名前がそのまま

お酒の名前になったお酒があります。

Photo_2

『純米大吟醸雫酒 杜氏 酒向』

雫酒まるごと酒向です

通常のお酒は上槽(じょうそう)という機械で

圧力を加えて搾りますが、

『雫酒』は醗酵させた醪(もろみ)を

酒袋に詰め、そのまま自然に滴り落ちてくる

雫のみを集めたお酒のことです。

手間もかかり量もとれない極上のお酒。

『雫酒 酒向』はさらに氷温で1年間ゆっくりと熟成させました。

Photo_3

まろやかで上品な極上の味わい、

“まるごと酒向”の自信作を

お楽しみください

☆小池さんのとまとジュース。

Photo_2 

ヨーロッパでは古くから『トマトが赤くなると、医者が青くなる。』

という諺があるように、とまとは栄養が豊富で

健康野菜として知られています

Photo_3

小池さんのつくったトマトジュースは

5つの基本を大切にがんばっています

①持ち味の香り、色を損なわない味
②鮮度の良い原料のままの味
③健康食品としての成分を活用した味
④消費者のニーズに合わせた味
⑤生産者のメリットのある味

小池さんのとまとジュースは

生食用のトマトで作ってあるので

みずみずしく、程よい酸味もあって、

フルーティーなトマトジュースなんです

トマト本来の味が引き立つ様に、

わずかなレモン果汁と塩で味を引き締めて整えてあります。

トマトのポリフェノール“リコピン”は加熱調理で増えます

加熱してあるトマトジュースは機能性成分がパワーアップしています。

毎食200mℓコップ一杯がおすすめです

Photo_5

Photo_4

入荷ほやほやの美味しいとまとジュース

ラベルを貼り付けて店頭に美味しく並んでます。

1000mℓ 840円(税込み)

とまとジュースで元気ハツラツに

八海山の塩こうじ活用レシピ☆

Photo_2

500g入り 1,575円(税込み)

美肌効果で美容にも

ビタミンが豊富に含まれて健康にも

優れた万能調味料『塩こうじ』。

Photo_2

お肉が柔らかくなって美味しくなります

八海山の塩こうじ美味しい活用法☆

Photo_2

八海山の塩こうじ 120g入り 630円(税込み)

Photo_10

塩麹は魔法の万能調味料です

サクラサクぎゃるりー☆

Photo_3

見上げれば大垣城

Photo_4

大垣郷土館のお庭にユラユラゆれるサクラ。

Photo_5

カメラの中にいつの間にかあらわれて、すっぽり船下り。

Photo_6

まるで☆花のお祭り満開。

Photo_7

Photo_8

奥の細道 むすびの地。

Photo_9

ぐるっと大垣さくらさく。

やさいやさいにくにくやさい☆

Photo_2

エバラ焼肉のたれのCM

『やさいやさいにくにくやさい。』懐かしいー

お肉をいただくときは野菜もいっしょに

いっぱいいただくことにしてます

それにしても☆しょうが焼きには

やっぱり

ビールが合いますぷは~

竃猫☆落合酒造場(宮崎県)。

本格芋焼酎 竃猫☆へっついねこ。

Photo

空とぶ焼酎

2007年のANA国際線のファーストクラス採用の芋焼酎。

竃猫は☆空を飛んでいた芋焼酎なんです

Photo_2

2種類の芋☆黄金千貫(コガネセンガン)と紫優(ムラサキマサリ)

性格の相乗効果を生かした焼酎。

黄金千貫は円やかさを。

紫優は優雅でシャープな味わいを。

上品な芋の香り濃厚で柔らかな甘味が

くせになる田中酒店おすすめの芋焼酎です。

猫と焼酎を愛する人にとっておき焼酎です

パラパラ☆納豆チャーハン。

Photo

納豆のネバネバがパラパラに。

仕上げにかつお節をのっけたら

納豆チャーハンのできあがり~

饅頭と焼酎☆

Photo_2

大垣☆金蝶園総本家の『かりんとう饅頭』

どちらかというと甘いものが苦手ですが

かりんとう饅頭には目がありません。

かりんとうと饅頭のいい所が一緒になっていて

最高の組み合わせです

黒糖の香りと甘味がまた美味しさをアップします

Photo

黒糖といえば

『奄美黒糖焼酎 朝日』

Photo_3

喜界島特有の石灰岩層から湧き出るミネラルたっぷりの地下水を仕込水に、

常圧蒸留で1年以上の貯蔵熟成しています。

Photo_2

優しく広がる黒糖の香り、口当たり柔らかく、

コクとキレのあるバランスのいい黒糖焼酎。

どんな料理にも相性がよく、食中酒として楽しめます

ぱぱんがパン☆

Photo_3

あまりにもキレイなうねりだったもので

美味しいものってうほんとしあわせになります

Photo_5

くるみたっぷりのふわふわくるみぱん。

今もお隣の穂の香りさんから

焼きたてパンのいい香りがしてきます。

御代桜醸造☆三十六才の春。

Photo_3 

御代桜醸造(美濃加茂)より。

春が届きました~

純米大吟醸無濾過生原酒

『三十六才の春』

Photo

華やかな香りとともに春を感じさせてくれるお酒。

お酒に向かう真面目で一所懸命な姿勢。

酒向杜氏、三十六才の醸したお酒です。

桜の花びらを浮かべて

“三十六才の春”をいただきながら

歳を重ねて迎える新たな春を

楽しむのも良さそうです

おじゃが☆

Photo_2

肉じゃがはほっこりしあわせなお惣菜です。

ほくほくでおいしい~。

じゃがいもはどんな栄養があるんでしょうか

じゃがいもはビタミンCが豊富で

火や水に弱いビタミンCですが

でんぷんで守られているためほとんど失われません。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けてくれたり、

血管や神経を丈夫にしてくれる働きがあるみたいです。

カロリーはごはんの半分なので

お腹いっぱい食べてもダイジョウブなのもうれしいですね

津島屋☆御代桜醸造。

Photo

よっつ津島屋

春のハレ舞台に登場です

岐阜の地酒☆美濃加茂の御代桜醸造より

初お披露目となりました

岐阜の地酒『津島屋』の誕生です

Photo_3

創業家は現在の愛知県津島市から

岐阜の地へ移り住み、中仙道太田宿の宿場町で

『津島屋』の屋号で団子茶屋を営んでいたそうです。

御代桜醸造『津島屋』は創業当時の原点に戻り、

人と人を繋ぐ“絆”をつくる酒でありたいと

願いを込めて醸されます

Photo_4

御代桜醸造六代目若社長です。

優しく柔らかい情熱を感じます

日本酒の可能性に希望を膨らませ

使命を果たすべく大きな一歩を踏み出しました

そんな情熱とお酒への愛情をかたちにした『津島屋』。

晴れの日の始まりを祝うお酒に縁起がよさそうです

笑顔になるお酒をみんなでいただくことにしましょ

らりるれろかきくけこ☆

むかし懐かしい焼酎を伝えたいという

思いから生まれた芋焼酎

松の露 無濾過

Photo_3

ラベルには

らりるれきくけこ

がありません。

ということは

が無いということで

無ろか

焼酎の旨味を最大限に残すために

雑味となる余分なフーゼル油を手作業で掬い、

それ以外は濾過をしていません。

昔ながらの焼酎の味わいをお楽しみください

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »