« 彼岸だんご☆ | トップページ | しあわせの黄色い花☆ »

シャブリの名門☆ラロッシュ。

Photo_7

シャブリの名門“ラロッシュ”

南仏ベジエの気候と土壌に魅せられ、

1995年から南仏ラングドッグでワイン造りを

スタートさせたのが『マス ラ シュヴァリエール』です。

3つの畑を所有し、この3つの異なる生育環境を最大限に活かし

バラエティー豊かなワインを生み出しています

50%メルロー、25%シラー、25%グルナッシュ。

Photo_9

ラロッシュが手がけているワインには

ピカソの絵みたいに目と鼻と口が

四次元の世界で描かれています

Photo_10

キャップのてっぺんにもあります。

ブルゴーニュの生産者として、いち早くスクリューキャップを

導入に賛同した『ラロッシュ』。

実はワインの品質保持に最適な栓なんです。

コルクは自然の木からできているので、

コルク臭がワインにうつってしまったり、

虫食いなどで、酸化しやすくなったりと、

ワインの味わいを損ねることもあります。

密閉度や使い勝手の良いスクリューキャップが

今のところ☆ワインにとっては良い栓みたいです。

« 彼岸だんご☆ | トップページ | しあわせの黄色い花☆ »

ワインのすすめ☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 彼岸だんご☆ | トップページ | しあわせの黄色い花☆ »