« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

西濃☆きき酒会のご案内!!

第三回西濃の地酒 きき酒会

3月15日(木)18時~20時。

ロワジールホテル大垣にて

西濃地域の6蔵

☆渡辺酒造(大垣)☆三輪酒造(大垣)

☆大塚酒造(揖斐)☆武内酒造(大垣)

☆所酒造(揖斐)☆玉泉堂酒造(養老)

が集結します

西濃の地酒を楽しむか~い

田中酒店にも申し込み用紙ございます。

申し込みはFAXでお願いいたします。

Photo

ウレシ☆サシイレ!ドーナツ!!

Photo Photo_2

うれし!!

さしいれ

ミスドの新作“米粉ドーナツ”

黒ゴマとあずきがもちもちの生地に練りこまれて。

わたしは『あずきハニー』を

Photo_3

コーヒーと一緒にいただきました。

もちもち食感☆和の味が美味しかったです。

ご馳走さまでした

☆紅白☆

Photo_8

気軽にいただけるフランスワインのご紹介

カステルモール ビュヴェット ルージュ(赤)

カステルモール ビュヴェット ブラン(白)

"Buvette"とは昔の言葉で、ワインを飲む場所、

立ち飲みスタンド、 軽食堂という意味と共に、

気のおけない仲間が集まって酒盛りや宴会を開く

という意味で使われていました。

友人達と思い出話や未来の夢を語りながら

いただくのもよさそうです

まるで搾りたてのような

飲み口のよい☆軽やかなワインです。

会話もはずみそう!!!!!!

ベビーダ☆ランチ。

友人とランチ

少々☆前になりますが、

柳津にある、これまた友人のお店“ベビーダ”でランチ。

Photo_9

ベビーダカレーを食べながら、会話にもはなが咲きみだれ(笑

満足ランチをいただきました

Photo_10

食後のデザート。

かぼちゃのチーズケーキの優しさに癒されました

Photo_11

ホットひといき楽しいランチだったな~~~。と

ふるふる☆フリーダー。

Photo_12

“フルフル 完熟マンゴー梅酒”

そのアルコールフリーバージョンです!!!

“ノンアルコール梅酒 フルフルフリーダー”

お酒のふんわり感の代わりに、

マンゴーたっぷりのジューシィ感はちょっぴりアップ。

すっきり爽快な甘酸っぱさはそのままに、

「美味しくて、しかもアルコール0.00%」なんです。

ベースの日本酒の和の旨味を『米あめ』をあわせることで

ノンアルコール梅酒として生まれ変わりました

マンゴーの王様『アルフォンソマンゴー』に

酒米の王様「山田錦」の米あめをあわせた、

新しくて懐かしい味わいをどうぞ

Photo_14

きらめく美味しさ!!!!!

ふふるふるふってくださいね

関西風☆

Photo_2

関西では右にお内裏様を飾るんだそうです。

ということは、うちは関西風です

も~ういくつ寝るとひな祭り

春が、もうすぐそこまでやってきてます。

Photo_4

田中酒店の福招きのお内裏様とお雛様。

Photo_5

レジ担当。

Photo_6

お酒担当。

Photo_7

ワイン担当。

と勢ぞろいです。

春の訪れが待ち遠しいですね

ダバダ火振☆栗焼酎。

Photo_7

高知の栗焼酎☆ダバダ火振(ひぶり)。

ダバダ~と聞くと、コーヒーのCMを思い出します

ダバダは村人の集いの場所であった『駄場(だば)』から。

火振は四万十川の伝統の漁法『火振り漁』から名づけられました。

ダバダ火振りは栗を50%も使用した栗焼酎です。

栗の甘い香りとクセがなく、飲みやすいので

女性にもおすすめです

HAPPY☆ケーキのプレゼント。

Photo_4

店主“ま~ちゃん”の誕生日。

実家の母からのプレゼント

スリジェのケーキで前夜祭のお祝い。

ちっちゃいシューがのっていて美味しいそう~~~!!!

Photo_5

誕生日のおやつにはめでたい☆たい焼き

Photo_6

わたしからのプレゼントはこれ☆イヤホンジャック アクセサリー

iPhoneから芽がでて大きくなっちゃった。笑。

古希のお祝い☆

Photo

実家の母の古希のお祝いに☆似顔絵のプレゼント

少ししわをのばし気味に描いています。笑。

いつまでも仲良しの母☆節子と父☆正美。

早速☆飾ってくれました

Photo

Photo_2

毎年恒例のイルミネーション。

父作のアンパンマンは☆愛と勇気で

暗い夜道☆みんなを見守ってくれています

ハンターズ☆ミルミル☆リザーブ。

Photo

ハンターズ ミルミル リザーブ 2008(白)

HANTERS Miru Miru RESERVE 2008

“ミルミル”とはニュージーランドの

先住民マオリの言葉で“泡”という意味。

ハンターズ☆ミルミルはニュージーランドのスパークリングワイン。

シャンパン製法で作られているので

泡まで美味しいスパークリング。

グラスに注いだ瞬間、香りの高さに驚かされます。

果実味が凝縮され、長い余韻をたのしめます。

グラスの泡を眺めながら、

時間泥棒に会ってみるにもよさそうです

紀州☆完熟みかん梅酒(^ε-)

Photo

ちっちゃな頃は寒い冬にはこたつに入って、みかんでした。

みかんとこたつは定番。

そのこたつで丸くなるのは猫で、猫はみかんが苦手で。

皮をむき始めると、そそくさといなくなります。

と、取って付けたかの様にみかんと繋がって☆

完熟みかん梅酒のご紹介

紀州 完熟みかん梅酒

和歌山の2大果実を美味しくブレンド。

糖度が高い有田みかんの甘さと

トップブランド☆南高梅のコラボが楽しめます。

こたつはなくても冬は、みかんしかあかん。笑。

とろり贅沢な梅酒。

ぜひ!!癒されてください

(^ε-)

かんたん!!!サラダ☆

Photo

友人が教えてくれた白菜サラダ

これを食べた時は美味しくて思わず感嘆の声が出てきました

お漬物以外にこうして白菜を生で食べたことがなかったけれど、

生でいただくと、みずみずしくて甘味があって、とてもおいしくて。

友人レシピはコーンを入れてシーチキン☆

市販の(コールスロー)ドレッシングでしたが

ちょうど☆冷蔵庫にりんごがむいてあったので、

りんごとシーチキン☆ドレッシングの代わりにマヨネーズを混ぜてみたところ、

りんごの甘味が隠し味みたくなって美味しかったんです。

とても簡単で感嘆でした!!!

りんごのサクサク感と白菜のシャキシャキ感も楽しめて、

美味しくいただきました

レモン汁や柚子を加えてもよさそうです。

七田 無ろ過☆七割五分磨き。

Photo_8

佐賀県の天山酒造

蔵元六代目☆七田謙介氏が独自のブランドとして

立ち上げた『七田(しちだ)』。

七割五分磨きとは

お米を25%けずって75%のお米で醸された純米のお酒です。

通常より低い精米ですが雑味を感じさせない素晴らしい技。

七田 純米 七割五分磨き 愛山。

まるく甘味のある香り

なめらかで、ふくらみのある味わい。

コクも持ち合わせた愛山

七田 純米無ろ過生 七割五分磨き 雄町。

穏やかで落ち着いた香り。

雄町らしい奥ゆかしさを感じます。

純米の味わいを楽しめます。

米の違いでそれぞれの味わいを楽しめます。

ぴすたちお☆バレンタイン。

Photo_4

本命チョコ

今年は大垣☆綾野にあるケーキ屋さん

シュークル☆ルージュのマカロンにしてみました。

どれも食べたくて、たくさんある種類の中から選んでみました。

木いちご☆抹茶☆キャラメル☆黒ゴマ☆ピスタチオ。

Photo_7 

黒ごま。

Photo_6

ピスタチオ☆

わたしもご相伴にあずかり、

黒ごまをいただきました

あっという間に溶けてなくなって

美味しい余韻がいつまでもつづいてました

神亀 純米☆酒粕。

Photo

純米酒だけを造る蔵。

埼玉にある神亀酒造(しんかめしゅぞう)。

蔵の裏手にある天神池に棲む

“神の使いの亀”に因んで神亀と命名されました。

Photo_2

神亀さんの酒かすは純米(米と米麹のみでつくられた)

香りと旨みがたっぷりと柔らかい粕です。

Photo_3

パンでいうと6枚切りくらいの厚みがあって、

断面には米のつぶつぶがつまっています。

この酒粕に出会ってしまったら、

ほかの酒粕は食べられません。

というぐらい、美味しいんです

美味しく健康に☆しか~も、美味しくいただいて美しくなれる

神亀の酒粕。

甘酒や粕汁にどうぞ。

冬の楽しみにいただくことにします。

椿大神社☆つばきおおかみやしろ☆

『建国記念の日

三重県鈴鹿市にある椿大神社に行ってきました。

いいお天気に恵まれて、

道中ぽかぽかで、車の中はしばし☆お昼寝タイム(笑

椿大神社は別名 猿田彦大本宮といい、

猿田彦大神を祀る神社の総本社とされています。

また別宮の椿岸神社では、

猿田彦大神の妻神である天之鈿女命が祀られています。

Photo_3

滝の写真をとると☆金運と恋愛運がアップするそうです。

滝の写真だけはちゃっかり撮ってきました。

そして、元気な木から元気な気をたくさん深呼吸して

体にいい気を吸い込んできました。

心も体もきれいに洗われたように

とっても、清々しい気持ちになりました。

大きく豊かな自然のパワーに感謝です。

癒されました

Photo_4

恒例のおみくじを引いたら一緒に

招き猫があらわれました。

Photo_5

招き猫にあやかって、田中酒店 商売繁盛!!!

かくれ里☆岐阜(可児)の地酒。

Photo

岐阜の地酒

可児に蔵があります林酒造。

美濃天狗 かくれ里 大吟醸。

吟醸香が優しく包んでくれます。

豊かな旨み。爽やかな喉越しのかくれ里

Photo_2

白の余白が美味しいさの余韻を感じさせるラベル。

岐阜の地酒を美味しいくいただきましょっ

あったかとん汁☆

Photo_2

具だ~くさんのとん汁

にんじん☆大根☆こんにゃく☆里芋☆ごぼう☆ねぎ。

根菜とこんぶ☆豚肉からいいダシがでてます。

あったかほっこり。

冬にはあたたかいものが一番

Photo

開運☆静岡の地酒。

Photo_3

開運がこちらを見て☆微笑んでいるようです(o^-^o)。

静岡の地酒。土井酒造場が醸し出す開運(かいうん)。

☆開運 無濾過純米 山田穂 (右

山田穂とは、山田錦の母となる米。

やわらかな余韻があとを引く美味しさ。

香り優しく、米の旨みがひろがります。

☆開運 無濾過純米 赤磐雄町(せきへきおまち)(左

ふくよかな旨みが広がり

きれいに切れていきます。

それぞれの米の旨みを堪能してください。運 無濾過純米 赤磐雄町 

開運のお酒をいただくと、

必ず開運あるべし

(^ε^)唐揚げ☆

Photo

晩ゴハンに。

おおきな唐揚げを

いっぱい作ってみました

中はジューシーで外はさくさくっと。

Photo_2

明くる日のお昼に

晩ゴハンに食べたしっとりしたから揚げが

唐揚げ丼に変身

2度☆美味しくいただきました。

天狗舞☆石川の地酒。

Photo_29 

ヒトキワ☆目をひく鮮やかなブルーラベル

今までの天狗舞の印象を変えて。

爽やかさをプラス+。

石川の地酒。車多(しゃた)酒造が醸しだす『天狗舞てんぐまい』。

Photo_30

“天狗舞 純米大吟醸50 生酒”

『洋ナシを思わせる芳しさと、

爽やかな甘味を感じるふくらみの中に

きめ細やかな酸味が調和します。

多くの料理とも合わせやすい旨味を兼ね備え、

スムーズなのど越しは心地よい余韻を残します。』

原料米:兵庫産 特A山田錦
精米歩合:50%
アルコール度数:16度~
日本酒度:+3
酸度:1.4

大吟醸生酒ならではのフレッシュ&フルーティを楽しめ、

料理とも美味しくいただけて、堪能できるお酒です

            

さしいれけーき☆

Photo_26

うれしい差し入れ。

Photo_27

さあ一休み。一休み

ケーキだけに景気よくいただきます。笑)

甘いひとときをご馳走さまでした

2/11(土)ラジオ出演☆房島屋。

Photo_4

所酒造4代目☆所 優氏がラジオ出演します。

2/11(土)、ぎふチャン「ラジオ土曜便」

朝9:27~9:44頃です。

お聴き逃しなく~~~

そして☆だ^~^い好評です!!!

房島屋 純米吟醸生酒☆番外☆田中取り。

Photo_3

田中取りは中取りの部分を一升瓶に詰め、

中取りの部分はバランスが良く、

房島屋の旨みを充分に楽しむことができます。

きめ細やかで優しい香り、力強い旨みを

ご堪能くださいませ!!!

大吉☆招福飴(o^-^o)。

Photo_11

干支の飴とおみくじと梅根付入り。

Photo_12Photo_13Photo_14Photo_15Photo_16Photo_17Photo_18Photo_19Photo_20Photo_21Photo_22Photo_23

Photo_25

おみくじはもちろん!!!

大吉♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪。

学問に勤めれば☆実りあり。

とありました。

益々☆勉学に励み福招き(o^-^o)。

五風十雨☆ごふうじゅうう。

Photo

秋田の地酒。浅舞酒造が醸しだす

天の戸(あまのと)。

『酒は田んぼから生まれる』や『酒の味は米の味』という、

農業を酒造りの原点に据えている天の戸。

“五風十雨”とは、五日ごとに風が吹き、

十日に一度は雨が降るいうような

順調な天候を表す昔からの中国の言葉。

『五風十雨』が美味しいお米を育ててくれている。

Photo_2

天の戸の勾玉マークです。

勾玉の形は、太陽と月が重なりあった大いなる宇宙を

崇拝するということを象徴していると言われています。

天への祈りの中に生まれてくる天の戸のお酒。

天の戸の原点ともいえるお酒。

手打ち蕎麦☆立春。

Photo

立春。暦の上では春が来ました

頂戴した手打ち蕎麦

こしがあって☆ツルツルっと

いただいちゃいました。

美味しかったです

恵方巻☆節分。

Photo_3 

今年の恵方は北北西

Photo_2

恵方に向かって無言で☆かぶりつきます。

ことしの恵方巻は豪華に海鮮です。

海老といかとマグロ、かにがはいっていて

美味しくて顔がほころびます。

笑う門には福来る!!!

番外☆田中取り☆解禁○o。+房島屋..:*○o。+o*

Photo_3

岐阜☆揖斐の蔵より、

所酒造 4代目の所 優氏が

田中酒店 超限定酒

“房島屋 純米吟醸生酒 番外 田中取り”

を届けてくれました

Photo_4

Photo_5

バランスのいい☆きれいなお酒です。

『優しく☆力強いお酒』

房島屋 ぼうじまや ここにあり!!!

ミルミルウチニ☆雪ツモル。

Photo

ポストが雪の帽子をかぶりました。

Photo_2

帽子が雪だるまに。

2。2☆笑う酒には福来る.。.:**:.。..。.:**:.

Photo_2

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:*

TANAKASAKETEN☆SPECIL 2012。

2月2日(木)。いよいよ解禁!!!

房島屋☆純米吟醸無ろ過原酒 生酒

番外 中取り

中取りとは?

お酒の搾る順序に名前があります。

最初にでてくるお酒をあらばしりといい、

薄く濁っていて、ワイルドな味とフレッシュ感を楽しめるお酒になります。

そして☆透明なお酒がではじめると、

中取りとなるわけです。

中取りは香味のバランスが優れたお酒。

最後には圧力をかけて搾るお酒を

責め”といい、雑味が多い個性的なお酒となるわけです。

田中取りは房島屋の美味しいとこ取りの

中取りのお酒となっております。

みんなが笑顔になれるお酒です。

2012年もたくさん笑って、みなさんのもとに

福がおとずれますようにと願いを込めたお酒。

わたしが初めて日本酒を美味しいと思ったお酒です。

美味しい地酒との出会いをお届けします!!!

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:*

Photo

超限定品!!!

お早めにどうぞ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »