« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

雑貨屋☆コルリ!!!

Photo_4 

まるでおもちゃ箱です

愉快な雑貨たちが今にも飛びだしてきそう

雑貨屋☆コルリ。

Photo_2

箱の中身というと。

Photo_3

おもしろさは写真に入りきらないので

ぜひ!行ってみてください。

おもわず☆何周もぐるぐると回ってしまいます

一周するごとにちがう楽しさがあって、

何周もしちゃいます

Photo

オモシロ雑貨 買ってきました!!!

ひっくりかえすたびに変化する雫に

癒されます

燗☆がいい!!!

Photo

田中酒店のガラスに

鏡のようにくっきりと風景がうつりこんでいます。

今日はとってもいい天気です。

清酒☆八海山 はっかいさん。

新潟ならではの淡麗辛口のお酒。

普通酒でありながら原料米を60%まで精米し、

低温発酵で丁寧にゆっくりと造られています。

『いいお酒をより多くの人に』を形にした

八海山醸造の真髄のお酒です。

Photo_2

一升瓶2000円(税込み)と

節約☆節電のお酒です。

寒い冬には八海山。

ふところも体もあったかぽかぽかです

☆不言実行!!!

Photo_2

今年の私の抱負

『不言実行

あれこれ言わずやります

そして☆黙々と、ぎょうざ60個。

包みました。笑。

Photo_3

そして☆ボウルの中身も

あたまん中もからっぽに

ぎょうざは無心になれます。笑。

房島屋☆純米吟醸 おりがらみ。

Photo

房島屋☆純米吟醸 おりがらみ 生酒。

さて純米吟醸とは?

純米とは文字通り、米と米こうじのみを原料として作られ、

吟醸とは4割以上削った米を原料に使われているということです。

おりがらみとは?

お米の旨み成分を含む白い沈殿物を一緒にからませてあること。

生酒とは?

搾りたてのお酒を一切加熱処理がしてないこと。

というお酒なんです。

純米吟醸おりがらみ”といっても

蔵によって味わいは違います。

ぜひ!房島屋の個性を味わってみてください

雪のように淡く白く染まるお酒。

おすすめですよ。

骨力☆アップ。

Photo

おやつ代わりに煮干をつまんでは

いただいてます。

煮干のカルシウムで骨力アップで

DHAでは記憶力アップ

房島屋☆ジュンギン☆田中取り。

Photo_4

房島屋のあくなき挑戦に敬意を表して。

房島屋のおいしいとこ☆田中取りです。

房島屋 純米吟醸無ろ過生原酒 番外中取り。

近日☆発売決定

田中酒店だけの美味しいうれしい報告。

“房島屋 純米吟醸無濾過生原酒 田中取り”

洒落っ気☆たっぷりのネーミング。

中取りと田中をかけて番外『田中取り』

Photo_3

肩ばりの文字の一文字一文字に

心込めて書きました

房島屋ブランドの味わいをお楽しみに

房島屋☆超辛7。

Photo

ひときわ☆存在感をみせる岐阜☆揖斐の酒。

房島屋 ぼうじまや

“房島屋 超辛口 7号酵母 おりがらみ”

おりが絡んでたりしますが、

超辛口です。きれいなお酒

香りはとってもジューシー

新たな房島屋の挑戦!!!

新たな年の新たな挑戦を

楽しめるお酒。房島屋。

酒かすロール☆コラボ。

Photo_3

てかてか

このテカリがなんとも美味しそうです。

またまた☆お隣“穂の香”さんの

“酒かすロール”

純米の酒かすが練りこまれて、

ほんのりお酒のいい香りと

甘味があとをひきます。

神亀さんの酒かすが使われていて

穂の香さんと田中酒店の

美味しいコラボが生まれました。

三千盛☆まる尾。

Photo

地元岐阜県限定流通のお酒。

三千盛 純米大吟醸 まる尾

Photo_2

漆黒に映える“まる尾”の鮮やかな青。

芸術品の味がしそうな逸品です。

創業当時は『尾張屋』という屋号で親しまれ、

まる尾は尾張屋の尾の文字をとったものです。

からくちひとすじの歴史を味わえる

三千盛のお酒。

ぜひ☆岐阜のお土産におすすめです

エコバック☆

Photo

あじを出してます、通い袋。

お酒を配達する時に、活躍してくれます

帆布でできているので厚手で

とっても丈夫!!!

歴史を感じる味ある袋です

開運☆

Photo

ズバリ!!!

運が開ける味がします。

静岡の銘酒☆開運

仕込み水は長命水とよばれる

縁起のいい高天神城の湧き水を使用してます。

勢いのある赤ラベル。

ひやづめ純米  開運

『パストクーラー』という機械で瓶燗することで

生酒の心地よい風味を残しつつ、

じっかりとしたお酒が味わえます。

のむごとに運が開けていきますように。

 

お漬けモン。☆

Photo_2

ごはんのお友。

『お漬けモン。』

幸せの味がします

最近☆お母さんのお友達からいただいたお漬物。

このお漬物、きゅうりのキューちゃんみたいなお味がします。

きゅうりのキューちゃん味の大根です。

ご想像通り、ごはんが、すすみます

レシピを教えてもらって、

お母さんが作ってくれました。

蔵の師魂☆くらのしこん。

Photo_2

鹿児島☆小正醸造(こまさじょうぞう)。

本格芋焼酎のご紹介です。

かめ壷貯蔵 蔵の師魂 くらのしこん

芋は契約農家の東馬場さんが丹精込めて作る黄金千貫(こがねせんがん)。

東馬場さんは平成13年には天皇杯を、平成18年には黄綬褒章を受章している土作り百姓芋作り名人です。

蔵の師魂は全量、東馬場さんの魂のこもった芋を使って仕込んでいます。

常圧蒸留という、芋本来の旨みも一緒に蒸留され、

芋本来の味わいが楽しめる芋焼酎です。

素焼きのかめ壷で長期貯蔵しているので

どんどん美味しくなっていきます。

すべてに魂がはいっている芋焼酎

この手間にして1.8ℓ2,520円(税込)です。

毎日の晩酌にもいけますよ

月虹☆げっこう。

Photo

とても綺麗だったので、

新聞の切り抜きをホワイトボードに貼ってみました。

“月虹”

月の光が虹になって輝く珍しい自然現象

満月など明るい月が出る夜に出来る虹。

肉眼では、白く見えるそうですが

カメラのシャッター速度を30秒にして撮影。

すると☆虹があらわれました。

虹って人を一瞬にして幸せな気分に

させてくれる魔法みたいですね

大倉本家☆金鼓。

Photo_2

奈良の地酒のご紹介

大倉本家が醸すお酒。

Photo_3

金鼓(きんこ) 純米うすにごり

おり(旨み)がうっすらと絡んでいて

キレイなうすにごり。

新酒の荒々しさをオリの甘味が、

やわらげてくれます。

優しいお酒。

日本酒が美味しい季節の到来です

大垣せんべい☆おやつ

Photo

わたしの好きな『田中屋の大垣せんべい』

とてもカタくて噛みごたえのあるせんべいです。

美味しいんです。

Photo_4

二つ折りや、日本一硬い四つ折があって

最強のせんべいです。

こだわりの糀味噌と小麦粉を使用しているので

味も最強!!!

大垣にお立ち寄りの際は

ぜひ☆お土産にどうぞ

濁酒☆だくしゅ。

Photo_2

金鼓蔵付き酵母 伝承水酛仕込み “濁酒”

奈良の地酒。金鼓(きんこ)を醸す大倉本家さん。

お米のつぶつぶそのままにまさに『食べるお酒』です。

水酛とは約600年前に奈良市郊外にある菩提山 正暦寺で創製された酒母のこと。

現在普及している速醸もとや生酛もと系酒母の原型であると考えられています。

水酛仕込みとは酒母の育成段階で生米を使用し、酒蔵に住み着き 野生化した酵母と乳酸菌の働きを生かすことが特徴で、全国でもこの古典的な製造技術をもつ蔵元はほとんどありません。

蔵に住みついた酵母が生きてるお酒。

なんだか飲みたくなりますよね

米のそのまま粒が楽しめて新鮮な感じがあじわえます。

1.8ℓ 2,700円(税込)

720mℓ 1,350(税込)

おやつ☆

Photo_3

おやつの時間ですよ

ふわふわのお隣『穂の香』さんの

パンプキンサンド

おいしい写真が撮れました。

おいしそうでしょ~~。

『越後で候』えちごでそうろう☆

Photo

搾りたてならではのフレッシュなお酒

ぜひ☆この季節に味わってください。

新潟の八海山の『越後で候』青ラベル。

えちごでそうろう。

Photo_2

搾りたてならではの荒々しい飲み口と、

フレッシュな香味が特徴です。

上質なあじわいながら☆お財布に優しい

2,408円(税込み)と

リーズナブルです。

ぜひ☆新酒で新春を祝ってください

うなぎ☆

Photo_3

ご近所☆川貞さんのうなべん

お母さんが鰻が好きなので

今日は楽させてもらって

うなぎです。

ふわっとしていて☆おいしかったです

ざんしん☆

Photo

宮崎の落合酒造場が醸す酒粕焼酎。

残心(ざんしん)。

うちでも大人気の純米酒しか醸さない蔵☆

神亀さんの酒粕を使用しているので

ますますもって美味しいこと間違いなし!!!

それは、ただ『心に残る』というだけの

単なる通過点ではありません。

そこに『心を残す』ことです。

愛しさです。

一期一会の心という意味で命名しました。とあります。

愛しい焼酎に出会える残心ざんす!

七草がゆ☆

Photo

1年の無病息災のおまじない。

七草がゆをいただきました

Photo_3

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、

ホトケノザ、スズナ、スズシロの七草。

Photo_2

体に優しくとても温まりました。

美味しかった~~

これで1年健康で過ごせる!

そんな気がしてきました

お年賀☆

Photo_5

お年賀に、こんな可愛らしいのをいただいちゃいました

ケーキ屋さんのクッキーとか焼きドーナッツとかが

いっぱい入っていて、もうそれらはお腹の中に入ってます

その代わりにみかんが入ってます。

昨日☆店主とみかんにらくがきしながら、大笑いです。

今年も大笑いの年になりますように

新酒で新年会☆☆☆

Photo

新しい年の幕開けに

みずみずしい搾りたてのお酒で

お祝いです

岐阜の地酒のご紹介!!!

Photo_2

中津川のお酒☆三千櫻。

香り優しくなめらかお酒です

三千櫻 R改 新酒

Photo_3

こちらも中津川の地酒。鯨波。

フルーティーでやわらかいお酒。

鯨波 純米吟醸 無濾過生

Photo_4

三千盛は多治見にあります。

フレッシュでフルーティー。後味すっきり。

三千盛 しぼりたて 純米大吟醸

2012年の新年会はこのお酒に決まりです!!!

おかがみさん☆

Photo

あけまして☆おめでとうございます。

本年も皆さまにとって

良い年でありますように。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »