« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

得☆ダネ!!!

ねむの木の種を!

Photo_2

見つけたときは

芸術は爆発だ~

と感動で小躍りしそうでした。

☆自然の芸術作品です

Photo

おまけの特ダネ!

宿儺かぼちゃの実も種も

美味しくお得にいただきました。

天日で干して☆一粒一粒、

皮をむいてみました。

フライパンで煎って塩をふりかけると

香ばしく美味しい手作りのおつまみです

三千櫻☆みちざくら。

Photo_2

岐阜の地酒。三千櫻(みちざくら)

蔵元は岐阜☆中津川にあります。

三千櫻さんの酒蔵を訪ねたときの印象といえば、

八百万の神が蔵に住んでいるような

八百万の神と一緒にお酒を造っている

そんな印象を受けました。

Photo_3

三千櫻 純米 愛山 ひやおろし。

愛山の愛らしい香りと米の旨みに

優しく包まれます。

豊かな時間が過ごせますよ

コルじぃさん☆

Photo_6

手のひらサイズのちっちゃいおじさん。

わたし☆愛用のちゃぶ台の上に住んでます。

雑貨屋コルリで見つけたので

今んとこ『コルじぃさん。』と呼んでます。

雑貨屋コルリ

心くすぐられるものいっぱい

夢いっぱいです

いってみてコルリ

秋晴れ☆

Photo_2

秋のころもがえ。

Photo

ねむの木の種が赤色にころもがえです。

そろそろ☆衣替えのシーズン。

衣替えは晴れた日にすると

太陽の陽の気を一緒に取り込むことができて

風水的によいみたいです

最近☆秋晴れのいい天気が続いて

心地よい毎日です

くじらなみ☆鯨波。

Photo

岐阜の地酒☆鯨波(くじらなみ)。

中津川の美味しい空気で醸されました。

鯨波 純米吟醸 ひやおろし。

美味しい空気と一緒に瓶詰めされた

鯨波のお酒は旨みがのって味に広がりを感じます。

蔵は標高600mと空が大きい~。

大きな空では悠々と鯨が泳いでいるようです

Photo_3 

波にのって☆味ものってる鯨波

極限定 秋あがり☆御代櫻。

Photo_3 

だんだんと秋めいてお酒も煌めいてきました。

冬に造られたお酒が夏の間☆蔵の中で眠り、

秋に目覚め旨みと円みが増します!!

そんなお酒“秋上がり”の登場

岐阜☆美濃加茂より。

御代櫻☆純米吟醸 山田錦☆秋あがり

地元産☆減農薬契約栽培米の山田錦。

香りも米の旨みもどんどんと秋上がりしています。

美味しい秋をみ~つけた


岐阜の地酒☆御代櫻。

Photo_9

御代櫻☆純米原酒 ひやおろし

御代櫻(みよざくら)を醸す蔵は

岐阜☆美濃加茂にあります。

櫻の花びらは5枚

御代櫻のお酒は五味(甘。辛。酸。苦。渋)の調和、

和の心で醸されています。

そして☆仏教での五味のうち

醍醐味とは最高の味という意味があり、

御代櫻の醍醐味☆最高の味を

お楽しみいただけます

御代櫻☆ひやおろしの紹介は

御代櫻だよりより

美味なる酒☆ひやおろし

Photo_3

四季ある日本

美味し国。

せっかく日本に生まれたからには

魂のこもった日本酒をいただきたい

昨日は敬老の日。

お祝いにお寿司をいただきました。

わたくしは便乗させてもらって

美味しいお酒と美味しいお寿司をいただきました。

Photo_4

あっぱれ~日本の酒

できたどー☆

Photo

仕事の合間を見つけて

天日で干した紫蘇から

ゆかりをつくったどー

いちじく☆

いちじくは無花果と書きますが、

じつは花は実の中にあったんです。って。

あの実の中のつぶつぶが花なんです。って。

そうなんや~

いちじくの名前は

一日一個熟すから“一熟”と

一ヶ月で熟すから“一熟”という説があるんです。って。

へ~~

とひとりでガッテンしています。

Photo

今が旬の甘んまいイチジクをいただきました。

ほんと☆美味しかったです。

秋が旬のお酒“ひやおろし”も

よろしくお願い致します

黄色い桃☆

Photo

黄色の桃☆初めて見ました

肌色っぽい桃。

まさに色っぽい健康的な桃尻

まるごと☆かぶりつき

甘くて程よい酸味があって

美味しかった~~

薔薇色の人生☆

Photo_4

飲んだらきっと

体も心もほんのりと

バラ色に染まりそうなリキュール

『ラ・ヴィアン・ローズ』(ばら色の人生)

という名の紅茶のリキュール。

ローズの花やローズの実☆

ハーブや梅酒が入った

女性のためのリキュール

朝ドラを見ている人はきっと分かってもらえる、

英語教師のオクトパスの言葉の

『女性たちよ、良き人生を!』

と思わず叫びたくなるリキュールです。

500mℓ 1,580円(税込み)

看板むすこ☆

Photo_4 

昨日の満月におっ月さんに向かって

お財布をフリフリしたところ

金運がめぐってきました

金運といっても『黄金虫』。

さんはいっ!黄金虫は金持ちだ~っと。

看板の上でまさに看板息子となってお客さんを招いています(笑。

Photo_3

満月○パワー☆

中秋とは旧暦の8月15日。

今日9月12日は旧暦の8月15日にあたり、

しかも今日は満月

中秋の名月がめでたく6年ぶりに

満月になりましたと~。

ちなみに☆満月の日にお財布や通帳を

おっ月さんに向かってふると

金運がめぐってくるんですと~

Photo

こちら☆友人がつくった財布です。

この財布自体☆パワーがありそうですが

今日は☆満月に向かってフリフリしてみます

タカラモノ☆

Photo_3

台風がくる前にはフサフサしていた

うちのねむの木

台風が過ぎた後☆ねむの木を散髪していたら、

こんなんが、できてました。

宝ものをみつけた~

とうれしくて店主に報告。

初めて見るねむの木の種

これからどんな風に変化していくのか観察中。

ふさふさの葉っぱに守られて

台風のパワフルな風にも

飛ばされずにいてくれてよかった

ひやおろし☆丹沢山。

Photo

秋だけにお酒はあきずに飲んでください(笑。

秋のひやおろしが、そろそろ出てきてますよ~

田中酒店のいちばんのりの

神奈川の川西屋の“丹沢山☆ひやおろし

今年は若水(わかみず)100%。

キレイな旨みのある

地元産の若水です。

四季ある日本の美味しい酒をお楽しみください

☆学問のすゝめー!☆

大垣市図書館の図書カードをつくりました。

夏の暑さからも解放されて

食欲と集中力が戻りつつある秋

図書館で借りてきた本で

野菜の栄養をお勉強中です。

脳の筋トレ中。

書くと覚えやすいので、本を丸写しをしてます。

嫌なことはすぐ忘れられるのはいいことですが

お勉強したこともすぐ忘れてしまうのは

Photo_2

しばらくは大垣市図書館にかぶれてみます

☆蘇える!

Photo_3

ゆかりになるシソも今日の天気で

カラカラに乾燥してくれました

『紫蘇』の文字はよく見ると紫に蘇えるって書くんですね。

紫蘇を食べると☆体が元気に

蘇えりそうな気がしてきます

ひょうたん☆

Photo_4

180mlと飲みきりサイズのひょうたん瓶。

新潟の地酒『八海山』です。

蓋を開けて、そのまま☆お燗が出来るのもすばらしい。

フィルムをはがすと

Photo_6

ひょうたんから駒でしょうか。

瑠璃色に輝くひょうたんがでてきました

徳利としても、

お洒落に一輪挿しなんかにも使えたりして。

縁起のいい末広がりのひょうたん。

美味しい八海山のお酒も飲むことができるし

飲み終わったひょうたん瓶で

あれこれと楽しむことが出来るのもすばらしい

銀ラベルの吟醸 500円(税込み)

金ラベルの純米吟醸 570円(税込み)

話の種のプレゼントにどうぞ~

12号の風☆

Photo_2

Photo_3

12号の風が近づいてます。

にくまき☆

“にくまき”の響きって

おいしい響きをしていますよね?

手巻き寿司とか。

巻くって楽しいですよね。

そういえば☆小学生のころ☆

生徒会の選挙の立候補者のひとりに

おおきはらまきさんという人がいて

最後のお願いと言っていたかは忘れましたが

☆大きい腹巻に清き一票を

と男前な演説をしていたのを思い出しました。笑。

Photo_2

たっぷりのねぎとえのきを巻いて。

Photo_4

片栗粉をつけて☆フライパンの上へと。

Photo_5

こんがりと焼き目もついて、

美味しく☆焼き上がりました

ちっちゃな秋☆

昨日は脂ののった☆秋刀魚をいただき、

今朝お店の外の掃き掃除をしていたら

ツクツクボーシの鳴き声が聞こえてきました。

きてます。きてます。秋がきてます。

夏には喉越しのいいビールでしたか?

秋の気配とともにそろそろ。

そろそろ☆日本酒を楽しんでほしいと思っております。

日本酒は日本の心がしぼられています

秋には、なんってたって“ひやおろし”

春にしぼったお酒を夏の間に熟成させて

秋にまろやかさと深みを増して出てくるんです。

そんなお酒が秋には味わえるんです

日本酒は季節の移ろいとともに楽しめま

田中酒店のねむの木の移ろいといえば。

Photo_2

め~がでて

Photo_3

ふくらんで

Photo_4

花が咲いて~

と楽しませてくれています。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »