« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

ほやら☆恵那山岡町。

Photo_9

いい天気に恵まれ

恵那の山岡にある“ほやら”へ行ってきました。

山道をくねくね☆ところどころにある“ほやら”

の看板を目印に☆無事に辿り着きました

ほやらで友人がケーキを作ってまして。

友人にも会いたくてやってまいりました

Photo

少し早いお昼にと☆山金豚バーガーをいただきました。

“やまきんとんばーがー”

山岡町の夕立高原の自然で育てられている豚で

ビタミンBが豊富に含まれているんだそうです。

ブラックペパーのきいたスパイシーなパンに

山金豚がはさまれていて、ジューシーで美味しかったです。

春菊のスープとれんこんときゅうりのピクルス。

優しい味付けで爽やかな気分になりました。

Photo_2

ハーブティーをいただいてほっとしました。

Photo_3

おばあちゃん市 山岡の道の駅に立ち寄りました。

日本一大きな木製の水車に感激です。

おばあちゃん達の手作りの新鮮野菜がならんでました。

帰り道☆多治見の街を散策。

朝☆早くでかけたので☆一日たっぷりと楽しめました。

岐阜のいいとこ☆い~っぱい

おおがき☆さんぽ。

Photo

春のぽかぽか陽気

かっこうのお散歩日和。

大垣公園少しですが桜が咲いてましたよ

大垣公園は春休みなので子供たちで☆おおにぎわい。

八幡さんへお参りにと水門川沿いに歩いてると

たらい舟川下りの風景に会いました

Photo_2

いいな~。と眺めながら水門川沿いを。

Photo_3

まだ桜の木は花をつけていませんでしたが、

たくましく生きてる桜の幹の強さに感動しました。

Photo_5

住吉灯台。

水門川は大垣城下と伊勢を結ぶ運河でした。

桜が満開になるのが楽しみです。

Photo_6

つちや本店の古い町並みを通って家に帰りました。

さんぽって楽しいですね

ぎふのさけぞうしょくちゅー☆

Photo

『鯨波』を醸す恵那醸造さんは

空気を吸い込むたびに体がきれいになっていく

そんな山間部に蔵があります。

http://www.kujiranami.jp/

鯨波さんのHPに田中酒店も仲間入りです。

コメントに『地元岐阜のお酒が増殖中。』と

あったので☆タイトルに使わせてもらいましたよ~。

Photo_3

佐瀬式圧搾機。お酒をしぼります。

Photo_4

キレイな青色タンク。鯨波さんの手塗り。

Photo_5

モロミ。いい香り。

Photo_6

麹室の入り口。絵になります。

Photo_7

窯。酒米を蒸します。

とてもきれいな蔵でした。

鯨波さんのお酒には美味しい空気も

一緒に詰まっているそんな気がします。

空気も一緒に味わってほしいです。

『鯨波』4月入荷です。

Photo_8

味わいのある鯨波さんのポスター。

地元岐阜のお酒が
増殖中。地元岐阜のお酒が
増殖中。奥様の
ブログも必見。
地元岐阜のお酒が
増殖中。奥様の
ブログも必見。

三千櫻☆岐阜中津川。

春とともに田中酒店にも桜の花が舞うようです

その桜は“三千櫻”(みちざくら)という名前のお酒です。

田中酒店。三千櫻☆4月☆スタート

三千櫻酒造さんは岐阜県中津川で醸されています。

ハレの日に見学をさせてもらいました。

とってものどかな場所で☆癒されます。

Photo_2

酒米を蒸す釜。

窓から光がさす光景が

なんだか時間がとまったような感じで、

歴史を感じました。

Photo_4

ぷっくりとして可愛らしいカタチをしてます。

斗瓶といいます。(一升瓶が10本分。)

Photo_6

お酒をしぼる絞り袋。

しぼり袋がきれいに洗って干してありました。

こういう風景☆好きです。

Photo_7

三千櫻のお酒は優しい味がしました。

ラベルの三千櫻の文字どおりな味がします。

春っていいですね~

さくらが咲くお祝いに、新しい門出にと贈りたくなるお酒です。

『笑う酒には福来る。』

べにほっぺ☆

Photo_2

甘~い香りに癒されます

“べにほっぺ”

粒も大きく、なまえの通り☆ほっぺが

落ちそうなくらい

とても甘くて美味しかった~。

Photo_5

いちごをのせたお皿の上では

ちっちゃい杜氏さんたちが

“ほんしこみ”をしてました。笑。

飲んでみてほしい☆にんじん梅酒。

Photo

“あらごし”といえば『梅乃宿』。

蔵は奈良にあります。

蔵の庭には280歳になる梅の木があります。

その梅の木にとまるり☆鶯がさえづりを☆楽しませてくれそうです。

梅乃宿の定番あらごしシリーズといえば、

桃や梅☆みかんと、どれも人気があります

あらごしではありませんがゆずも大人気!

今回☆おすすめしたいのが『にんじん梅酒』なんです。

にんじん?といえば独特のにんじんの香りと味を

創造してしまいますが。。。

一度飲んでもらわないと☆この美味しさを伝えるのは難しい。

一言でいうと☆にんじんのいいところだけが詰まってます。

あらごしなので、女性にうれしい食物繊維がたっぷり。

ぜひ!!ぜひ!!おためしください

にんじん嫌いな人にも自信をもっておすすめできます。

720mℓ 1,470円

タナカサケテンチラシ☆

Photo_3

おとなりのパン屋の“穂の香”さんにチラシを置いてもらいました。

オリーブオイルの“ダウロ”の良さをアピール

書きたいことがたくさんあり過ぎて☆紙からはみだしそうです。

パンにつけて☆いただくと、ダウロの良さが納得していただけます。

青リンゴの香りがするので、デザートにも。

お客さんが教えてくれたレシピはアイスクリームにかけて天然塩をふりかける。

今度☆アイスクリームにかけていただきます

つくし☆春。

Photo

春のおとずれ。つくしのハカマとり

あくがあるので手が黒くなります。

小さいころ☆家の近くの線路ぎわでつくしを摘んでは

よく☆はかまをとってました。

この☆つくしは佃煮になります。

今日は天気が良く、乾燥していてけっこう花粉がとんでるみたいです。

ちなみにつくしは花粉症に効くみたいです

アースデイ岐阜2011☆

Photo

なんだか☆面白そうなのでお知らせです

知り合いのお店も参加です。

bebida BAR&cafe。(カフェ飯☆カフェスイーツ)

クレープカフェユーキャン。(パリパリクレープ☆もちもちクレープ)

TRAVESSIA☆トラベシア。(ビーガンタコライス☆ガパオライス)

まだまだ☆面白いお店がたくさん。

どんどん☆つながっていくのは楽しいですよね。

岐阜グルメ☆

Photo

久しぶりに会う友人達とゆっくりおしゃべり

ここベビーダ☆も久ぶりです。

ちょうどオジャマした日は夜カフェだった“ベビーダ”に

昼カフェが+されて、ランチが始まりました

とても☆忙しかったみたいです。

夜も女性のお客さんでとても賑わってました。

Photo_2

夜ごはんプレートをいただきました。

ぺろりと美味しくいただきました。

行くたびに☆楽しく変化しているベビーダ☆

まだまだ☆面白くなりそうです

岐阜の蔵☆高木酒造。

Photo

“初緑”を醸す蔵

高木酒造さんへ蔵見学に行ってきました。

創業享保5年(1720年)という歴史のある蔵です。

そして☆うだつがあがってます

下呂市金山にあり、41号を下呂方面へと走らせ

目印は“ドライブイン飛山”です。その向かいにあります。

下呂温泉にお出かけの際はぜひお立ち寄りください。(要予約)

Photo_5

歴史を感じさせて木の温もりが心☆落ち着かせます

Photo

しばしの間の☆くつろぎタイム。

美味しい初緑をいただきました。

Photo_2

大きなタンクと。

Photo_3

麹室。

蔵娘のよしえさんに案内してもらいました

お酒が造られているところを見学すると

お酒をいただく時に

お酒を造っている人が見えてきそうです。

お酒を味わう楽しみがひとつ増えました

しらさぎ物語☆ひと口サイズ。

Photo_4

下呂のお土産といえば

思い浮かぶもの。

『しらさぎ物語』

『下呂の香り』

しらさぎ物語にひと口サイズがあるって

知ってました?

うれしい☆ひと口サイズがあるんです。

Photo_5

ウエハースにホワイトチョコが2層に

サンドされて。

これこれこの味。

懐かしくて☆美味しくて

お土産に買って帰りました

花粉症☆効果

Photo

中日新聞にのってると店主が教えてくれました。

花粉症に効くという記事を

今年の花粉は手ごわい

今年になって花粉症になってしまった人も、とても辛そうです。

顔が隠れるくらいのマスクをして、なるべく外出は控えたり、

『わたしは花粉症じゃない』と自分で洗脳してみたりして。

そこそこ☆効果がみられます

でも☆この記事は☆花粉症のわたしには耳よりな情報です。

“ジャバラ”という柑橘類が花粉症に効くみたいなんです。

“ジャバラ”に多く含まれている

ナリルチンという成分が花粉症の症状を抑制してくれるという。

岐阜大学の臨床研究でも発表され、人気に拍車がかかったいうわけです。

店主はジャバラのリキュールもあるよと言ってました。

“ジャバラ”の名前の由来は『邪(気)を払う』といわれ

産地の和歌山の北山村ではお正月料理で特に利用されているとか。

花粉症も払ってもらえるかもしれないので一度☆ためしてみたいです

ごはん☆

Photo

震災から一週間たちました。

あたりまだと思っていたことが本当は

ありがたいことだと思います。

家族と一緒に温かいごはんが食べられたり、

洗濯したり☆お風呂にも入れること。

感謝をもっと深めていきたいと思います。

造り酒屋のせんべい☆

被災者の方々これから消えることのない痛みを思うと

心にずっしりと重たいものがのっかってきます。

でも☆人の強さを信じたいと思います。

心から☆ご冥福を祈らせてもらいます。

Photo

このせんべいは“造り酒屋のおせんべい”

お酒を造るために酒米を削ります。

その時に出る米粉を使ったせんべい。

こうして無駄なく美味しいせんべいになっています

3月11日。

大垣も揺れました。

昨日の地震はふわーと体が浮く感じの揺れでいつもと違う揺れだったので、

はじめのうちは地震なのか自分が揺れているのか分かりませんでした。

余震もあって結構☆長く揺れたので、怖かったです。

2次災害での津波で流されていく映像を見ていると心が痛みます。

寒い中、安否の分からない家族を待っている方

早く家族に会ってほっとできるといいですね。

ひとりでも多くの人が救助されますように祈らせてもらいます。

房島屋☆ぼうじまや

Photo_2

“房島屋”を醸す蔵☆所酒造は揖斐に在ります。

岐阜の美味しい地酒を造っています。

“房島屋”(ぼうじまや)は四代目☆所優氏が

2000年に立ち上げた銘柄。

房島屋は酸が特徴で、燗にしても

しっかりと旨みを味わうことができます。

わたしがおすすめしたいのは、

“房島屋の純米おりがらみ”

搾ってからしばらくすると、沈殿する旨み成分

の『おり』が一緒にはいっています。

優しい香りと甘み。

フルーティーで味わいがあって

美味しくて、また☆飲みたくなるはずです。

女性の方にも美味しく飲んでいただけると思います

もうすぐ☆ホワイトデー

チョコのお返しに720mℓサイズのボトルを

いや。一升瓶でも。

お酒の好きな女性にプレゼントしてみてはどうでしょう

おおがき☆AYANO

大垣の綾野に去年☆オープンしたケーキ屋さん

SUCRE ROUGE “シュークル・ルージュ”

Rogo

蜂蜜を使ったお菓子が特徴のケーキ屋さん。

ショーケースに色鮮やかに並べられたケーキや

マカロン☆チョコレートと見ているだけでも

楽しいケーキ屋さんです。

心をくすぐられます

まずは綾野ロールと41プリンを買ってみました。

Photo_3

ロールケーキは厚さ4cm。

ボリュームありです

いつも☆ケーキをまるまる◎ひとつ食べれないんですが、

この綾野ロールはペロりと食べられました。

なんだか☆うれしいロールケーキです

また☆食べたいと、食べたすぐですが

そう思えるロールケーキでした。

41プリンはすぐ口の中で溶けていく感じで

濃厚なのにさっぱりとしていて☆

生クリームが上にのっかているのが

これまた☆優しい感じで美味しかったです。

これも☆また食べたいと。

大垣に美味しいケーキ屋さんができたことがとてもうれしくて、

ぜひ☆お土産に買っていきたいとおもってます

三千盛☆感謝祭

Photo

多治見にある三千盛さん。

蔵のさくらが咲く頃、新酒のお祝いに

蔵が開放されます。

日時☆2011年3月27日(日)10時~15時。

場所☆岐阜県多治見市笠原町2919 TEL0572(43)3181

     ㈱三千盛酒蔵にて

お酒の試飲☆ひなたぼっこ。嶺萌。小仕込純米。

        超特。薔薇の酒。甘酒。他

催し☆酒蔵コンサート♪。製造蔵ツアー。

    アーティストワークショップ。

食☆手打ち蕎麦。東濃のローカルフード。

   手作りいぶしチーズ。

入場料☆500円(三千盛オリジナル杯付き)

くわしくは三千盛HPでご覧ください。

ぜひ☆さくらを眺めながら、春の新酒をお楽しみください

   

吟白寿☆手取川

Photo_7

“手取川”を醸す蔵は手取川の水に恵まれた

石川県白山市にあります。

『吟醸おり酒 吟白寿 手取川』は

大吟醸を搾ったあと、一週間ほど放置すると

沈殿する“おり”をたっぷりと入れてあります。

Photo_8

こ~んなにいっぱい入ってます。

旨みたっぷりで☆とても美味しそうです。

わたしも☆ぜひ☆飲みたいです

新酒☆飲みくらべ。

Photo_3

“喜楽長”(きらくちょう)は喜多(きた)酒造が醸すお酒です

喜多酒造は滋賀の東近江に在ります。

“喜楽長“は喜び、楽しく、お酒を飲みながら

長生きをしていただけるようにと、名づけられました。

創業文政3年(1820年)と180余年の歴史をもつ蔵です。

喜楽長から新酒の飲みくらべ頒布です。

滋賀県産山田錦の精米の違いで飲み比べができます。

☆特別純米酒 60%精米 720mℓ

飲み口はこくがあり、後味はキレの良い純米酒です。

☆純米吟醸 55%精米 720mℓ

透明感があり、キレのある、余韻の心地よい純米吟醸です。

☆純米大吟醸 50%精米 720mℓ

きめ細やかな口当たりと口中で広がる旨み。

繊細で気品を感じられ、しかも深みのある純米大吟醸です。

それぞれの米の精米の違いで

のみくらべをするのも面白いですよね

価格は5,000円(税込)

締め切りは3月25日迄

お酒は4月中旬ごろお渡しができます。

ぜひ☆予約をよろしくおねがいいたします。

ぎょうざ☆つつむ。

Photo_2 

知らないうちにポッケのほこりと

ストレスが溜まります

わたしのストレス解消法のひとつの

“ぎょうざ作り”

具のみじん切りと包む作業が

無になれて☆いいんです

新酒☆祝。

Photo_5

初緑さんが田中酒店に来てくれました。

新酒の紹介です。

“初緑”を醸す蔵は下呂市金山町にあります。

彼女も杜氏として、蔵の中でお酒を造っていて

今年で2年目だそうです。

初緑の名前の通り、とても初々しくて

ちゃんと地に根をはって美味しいお酒を

造ろうと元気にがんばってます。

彼女のブログ☆蔵娘日記もよろしくです。

いろいろな蔵が新酒のお祝いにと

酒蔵開放をはじめました。

今日と明日『3月5日と6日』は

美濃加茂の“御代櫻さん”の酒蔵開放です。

ぜひ☆参加してみてください

のむさん農園☆郭町

Photo

去年12月にオープンした“のむさん農園”。

田中酒店の目と鼻の先にあります

昨日はおひなまつり。

ちらし寿司の具材になるレンコンとサヤインゲンと

のむさんの作ったしいたけを買いにいきました

Photo_2

地の野菜が安く手にはいります。

地のものなので新鮮です

美味しい野菜と幸せをつくっている

お店“のむさん農園”です。

料理教室☆野菜ソムリエ。

Photo_5

先月☆知人のサロンで野菜ソムリエさんの

料理教室があるということで、行ってきました

野菜ソムリエさんは大阪パワーサクレツで

とても楽しく愉快な料理教室でした。

知らない野菜のお料理と体に良い食材を

いろいろと教えてもらいました。

ひな祭りも近いことから、まずは手まり寿司。

今日は3月3日ひな祭りですね。

せっかくなので今日☆作ってみようかな~と。

Photo_6

ショウガをた~っぷり入れて炊いたご飯に寿司酢を混ぜて、

うるい+フキ味噌。たけのこ+木の芽。玉子+きゅうり。生ハム+レモン。

“うるい”とはギボウシの仲間で『オオバギボウシ』のことで、

ぬめりとほろ苦さとしゃきしゃき感が特徴です。

手の平にラップを広げて、具材をのせてピンポン玉の大きさの

すし飯をのせて包めば簡単。手まり寿司の出来上がり~

Photo_2

お次は“オニオンヌーボーまるごとフライ”。

初めて出会う食材です。

世界一早く収穫される玉ねぎで、水分が多く

とても甘い玉ねぎとして知られているそうです。

パン粉をつけてフライにしていただきました。

とても甘くて美味しかったです。

Photo_4

デザートには、“ベリーの金時草(きんじそう)ゼリー”

この綺麗な色は金時草を煮汁を使っています。

金時草は式部草とも呼ばれて、

葉の表面は緑色を裏面は鮮やかな赤紫色をしています。

てんぷらやおひたしにしてもいいそうです。

習った料理は特別な日のおもてなし料理という感じですが、

体にいいものはやはり☆旬なものを美味しくいただくことだと、

あらためて感じました

農家の嫁☆炭火焼芋焼酎

Photo_2

こちらは『明るい農村』の姉妹品。

炭火焼芋焼酎の“農家の嫁”です

良き焼酎は、良き土から生まれる。

良い土は、明るい農村にあり。

明るい農村は、「農家の嫁」がつくる。

が銘名の由来です。

一般的には芋を蒸して使っていますが、“農家の嫁”は

鹿児島県産の黄金千貫を、溶岩プレート釜を使って、

種子島産の薩摩椎(サツマジイ)の炭火で、

じっくり焼いた焼芋を使用しています。

炭焼きならではの香ばしさとコクのある甘みを

お楽しみください。

Photo

紫芋もありますよ。

田中酒店の嫁もがんばりますよ

明るい農村☆

Photo_2

赤、青、黄とビビッドな配色の『明るい農村』

わたしは☆とても好きですこのラベル。

太陽や雨の恵みを受けた大地に

実りが多く穂が垂れています。

これを見ると☆とても明るく元気になります。

蔵は鹿児島県の霧島にあります。

坂本竜馬とお龍の新婚旅行の山としても知られる高千穂峰がそびえて、

美しい霧島川が流れています。

とても自然豊かな環境に蔵はあります。

『明るい農村』に使われている芋は

鹿児島県産の黄金千貫(コガネセンガン)、

皮も黄色く、でんぷん質の多い、焼酎造りに適した芋です。

黒麹と白麹で醸したそれぞれの原酒をブレンドして

コクとキレのよさを追求しています。

鹿児島県本格焼酎鑑評会で4年連続

優等賞を受賞した評価の高い焼酎です

今日の大垣の空は泣き顔ですが

今日から3月も始まり、新たな気持ちで

明るく笑顔で楽しんでいきたいと思います。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »