« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

ごぼうスープ☆

Photo_4

食物繊維たっぷりのごぼう。

そんなごぼうがスープになりました

ごぼうを1センチに切って、さっと☆あく抜きをしてから、

だし(鶏がらでも中華だしでも)で煮ること、10分。

あら熱をとって、ミキサーにかけ、

あとは牛乳をまぜ、塩コショウで味を調え

ごぼうのスープのできあがり。

ごぼうの香りと栄養がそのままいただけます。

ごぼうの豊富な栄養は皮に近いほどたくさん含まれているので、

皮をむきすぎたり、長時間アク抜きをすると栄養分が失われます。

香りや旨み成分も皮に近いほど含まれているので

土だけ洗い流してさっとあく抜きして調理をするのが

ぐ~◎

2月も今日でおしまいですね。

今月はとても☆充実した月でした

まんてん☆菜の花

Photo_3

菜の花のおひたし。

苦味が美味しい菜の花です。

これからの季節は山菜など苦味のある

野菜が☆でてきます。

苦味のある野菜は冬の間に人の体の中に蓄えられた

脂肪分や汚れなど排出してくれます。

すばらしいですよね~

その中でも菜の花は栄養まんてん。

夏から秋にかけて養分を蓄えて、

その養分をもとに冬を乗り切り、春に芽をだす菜の花。

花を咲かせるために養分を蓄えているので

まるごと☆いただけるので栄養まんてんです。

春を楽しむ☆いっぴんです。

丹沢さん☆

Photo_2

自然の恵みそのままに詰まったお酒。

丹沢山は神奈川に蔵があります。

丹沢の清流の恵み。

爽やかで広がりのある味わい。

ズバリ究極の食中酒

晩酌にどうぞ。

紫のブロッコリー☆

Photo

紫色したブロッコリー。

ブロッコリーって美味しいですよね。

栄養もあって☆魅力的な野菜です。

ブロッコリーはレモンも2倍ものビタミンCが

含まれていて美肌効果に抜群。

このブロッコリーの紫色は水溶性のアントシアニンなので

茹でると緑色に変色します。

栄養素をこわさないように

多少歯ごたえがあるくらいに茹でると

美味しくいただけます

真っ赤な宝石☆

Photo

今が旬で美味しいいちご

バスにゆられて蒲郡へ行ってきました

ここでは“ゆめのか”という品種のいちごを栽培。

甘みとほどよい酸味もあって

ジューシーでさわやかな味でした。

いい天気に恵まれて、宝石のように

真っ赤ないちごがきらきら輝いてました

実は春のいちごよりも冬のいちごの方が甘いんだそうです。

冬は春より育つまでに時間がかかるため、

土の中の栄養を十分に吸収するからだそうです。

採ったそのままのいちごを食べられるって☆ほんと贅沢で

好きなだけ頂けるのも最高の至福のひとときでした。

旬のものをいただくっていいですね

今日は雨ですが☆鼻がムズムズします。

そろそろ?花粉症?がやってきたのでしょうか?

旬のものを食べて☆花粉症をやっつけて

吹き飛ばしたいと思います

蔵の師魂☆

Photo_2

田中酒店☆おすすめの焼酎。

『蔵の師魂』くらのしこんです。

蔵は鹿児島の小正醸造。

師(造り手)の魂が入った焼酎です。

地元の土作り百姓と呼ばれる芋のつくり手が

手間ひまかけてつくった芋。

かめ壷で仕込むだけでなく、

かめ壷で貯蔵するこだわりが

優しい香りとしっかりとした旨みのある焼酎を造りだします。

土くさいくらいの情熱のこもった焼酎です。

HAPPY☆BIRTHDAY0221。

Photo_6 

2月は店主の誕生日

イチゴケーキでお祝いです

いちごがたっぷりのケーキで

とっても喜んでくれました

イルミネー☆ションと猫と宮西屋。

Photo

実家の父作のイルミネーション。

クリスマスからお祭り(手力火祭り)まで点灯する

父自慢のイルミネーション

道を明るく照らして、子供たち(おとな)にも好評

心に明かりをともしてくれてます。

Photo_2

実家のねこ2。母☆撮影

実家の2匹の猫は親子ではないのですがとても仲良し

母はいつも☆かなり朝早くに起こされています。

起こして申し訳ないと思っているのか

母が名前を呼んだ時だけ『にゃぁっ』と返事をします。

Photo_3 Photo_4

実家の近くにある中華料理屋さん。

火祭りのある手力神社の西にある“宮西屋”さん。

旦那様もここのから揚げと海老の天ぷらの大ファンです。

どれも美味しくて、ボリュームたっぷりのランチもおすすめです。

リ☆ニューアル。

Photo_3

三千盛(ミチサカリ)は岐阜県多治見市笠原町にあります。

多治見といえば焼き物のまち。

多治見といえば日本一暑いまち。

そして☆鰻のまちです。

重労働である陶器の窯場の職人さんたちが

素早くそして栄養価の高い鰻を食べたそうです。

わたしも住んでいたことがあるので

多治見には縁があります。

三千盛の純米のラベルが新しくなりました

三千盛の純米は精米歩合が45%。

ラベルには、今までは純米とあっただけでしたが

大吟醸らしい貫禄とインパクトのある黒色になりました。

ラベルはお酒の顔。

顔で印象がずいぶん変わります。

ラベルでお酒選びをするのも楽しいですね。

大垣☆ワッフル

Photo

大垣ワッフル「ミス・ベティー」。

駅通りを歩くたびに美味しそうで

いつも心をウバワレてました。

今日はお母さんがおやつにと買ってきてくれました。

岐阜県産のたまごと大垣の美味しいお水を使って、

ちゃんと教育された人が焼いているので、

生地がやわらか☆ふわふわ。

ほかにもクレープやワッフルパフェとやらも

あって☆いろいろと楽しめそうです。

今日は二十四節気の雨水(うすい)の日。

氷や雪も溶けだして寒さも和らぎ春の雨を降らせる季節。

この日にお雛様を飾ると、良縁に恵まれるそうです

美酒 テテ☆パリス

Photo_2

お次は“テテ パリス”のご紹介です。

ローズ、ジンジャー、セージ、ジャスミンフラワー、

ローズマリー、オレンジフラワー、アプリコット、ラベンダー、

菩提樹の花、完熟梅、アッサム・ティ

と11種類のハーブとフルーツ。

“華の都”“芸術の都”の異名をもつ

パリの美しい華やかな香りが印象的です。

テテは世界中から選びぬかれた素材を使って

日本酒の杜氏によって☆生まれたリキュール。

☆特別な贈り物にまごころも一緒にそえて

プレゼントしたくなります。

黄金色の美酒☆テテ

Photo

“テテ” ハーブの梅酒です。

黄金に輝くお酒です。

この中には11種類のハーブ&フルーツの力

がつまっているんです。

“テテ”は杜氏の“手手”を使って醸された日本酒を

ハーブや梅にたっぷりと含ませています。

杜氏さんの肌はピカピカでお米で造るお酒の

パワーを感じさせます。

わたしの一番のお気に入りは『テテ ホンコン』。

黄色がやはり気になるところです。

ジャスミンの花、桂花、パイナップル、チャイナローズ、

月桃の葉、紅朽梅花、クチナシ、マンゴー、アプリコット、

完熟梅、麗山烏龍茶の11種類のハーブとフルーツが

ひとつになって、エネルギッシュで神秘的な印象です。

『ロンドン』『パリ』『ヴェネツィア』『バルセロナ』『ホンコン』と

全部で5つの都市をイメージしたテテを楽しめます。

それぞれのイメージの包み込むような香りと

氷とともに消えてしまわない濃厚なエキス感と余韻。

癒されましょ



チョコクロ☆

Photo

サンマルクカフェの“チョコクロ”。

(チョコを包んで焼き上げたクロワッサン)

友人が「美味しいよ」と言っていたので

前から食べてみたいと思ってました。

旦那様へのバレンタインのプレゼントに便乗して。

一緒にいただこうと買ってみました

ただいま☆季節限定のミルクティーの

チョコクロもありまして☆ほんとミルクティーそのままの

味がして☆甘さも程よく美味しかったです。

チョコ味の方は、わたしにはちょこっと甘かったです。

苦めのコーヒーには合いそうですが。

サンマルクカフェは大垣のアクアウォーク内にあります。

みなさんも食べてみてください (o^-^o)

☆あかりをつけましょ~♪

Photo_2

お雛さんを飾りました。

豆まきもして、立春を迎えて

春はすぐそこまでやってきていますねって。

昨日は雪が降ってましたが

しかも☆今日は風が強くて☆自転車に乗っていたら

吹き飛ばされそうでしたふ~。

ところでお雛さんは、いつ☆飾るのがいいのかと調べてみると

お雛さんは2月4日の立春から、

遅くとも3月3日の雛祭りの1週間前までを

目安に飾るのがいいみたいです。

みんなで一緒に飾りましょ♪

たまたま☆エクセレント

Photo_5 

またまた☆いただきもの☆たまたま。

宮崎ブランドの『完熟金柑』。

一定条件で厳選され、糖度が16度あるもの

を“たまたま”と呼ぶそうです。

そして☆いただいたものは糖度18度以上あるため

たまたまエクセレントと呼ばれているらしいのです。

皮がやわらかくて甘く

ほどよい苦味と酸味があって

食後のひと時を癒してもらいました。

とても☆おいしいかったです。ごちそう様でした

バレンタインデー☆

Photo

明日はバレンタインデー

一日早く店主はバレンタインチョコをもらって、

早速☆わたしもおこぼれにあずかりました。

Photo_2

チョコだけにチョコっとずつ

大切に食べてました。笑。

七本槍☆シチホンヤリ。

Photo_8

『シチホンヤリ』冨田酒造。

滋賀県の木之本に七本槍の蔵はあります。

昔は北国街道の宿場町。

歴史のある蔵には魯山人が逗留したこともあり、

魯山人の手による扁額が掲げられています。

地元の滋賀県産のお米を使い。

純粋にお米だけで造る純米酒を造っています。

ボディのしっかりとした日本酒なので

燗でもおいしくいただけます。

Photo_9

ダンチュウ3月号に七本槍さんが載ってます。

記事には☆「ワインにも造詣が深く、その土地を表現するという

ヨーロッパの考え方に共鳴。」とありました。

ほんと!どこの土地のお酒を飲んでも同じ味では、面白くないですよね。

その土地の空気の匂いや

大地のパワーや水の恵みが一本のお酒の中に

詰まっているとかと思うと、

また☆違った味わいを感じることができます。

ところで☆昨日ロシア料理を食べに行ってきました。

ドリンク☆サラダ、ピロシキとボルヒチ、肉料理がついた

ロシアンコースをいただきました。

ドリンクはクワスというロシアではよく飲まれている

ライ麦と麦芽を醗酵させて作る微炭酸飲料。

甘くてさっぱりしてビールのような香りもする飲み物でした。

ボルヒチは野菜がたっぷり入って優しい味付けで

体がとても温まりました。

こうして☆違う土地の食べ物をいただくのも

いいもんですね。

それぞれの家庭料理もいろんな味があるように

いろいろとおいしい食べ方があるって面白いですね。

人にとって食べることって、ほんと大切なことなので

ありがたくいただきたいものです

燗が冴える純米酒☆

Photo

燗が冴える純米酒“神亀”

日本酒は温めることで甘味が増して、

苦味が減っていきます。

甘みは旨みとなって、さらに美味しくなります。

そして☆料理をいっそう引き立てます。

【神亀さんのおいしい燗のつけ方】

Photo_7

少し手間をかけてぬるま湯から

燗をつけるのがやはり☆おいしくいただけます。 

Photo_4 

『神亀 純米 華吹雪』

青森県の酒造好適米『華吹雪』

燗をつけると

隠れていた旨みが華開いていきます。

 

サクラサク☆

Photo_4

春が待ち遠しいですね。

春の風物詩。

『水の都☆おおがき 舟下り

舟に乗って☆さくらのトンネルをくぐりたいと

思いませんか?

わたしも☆まだ舟下りはしたことがないんですが

一度は体験したいと思っています。

まだまだ春を満喫するイベントには

たらい舟下りや桜ライトアップもあります。

春は散歩するのが楽しい季節。

春といえば、花粉症の人には大変な季節。

わたしも花粉症ですが

去年は気合で軽くすみましたが、

今年は花粉が最高に多い年みたいなので

ストレスを溜め込まないように

花粉症を吹き飛ばしたいと思います

いちにち☆いちぜん。

Photo

大分県の老松酒造さんが日本の食文化

“本まぐろ”を守ろうと立ち上げた焼酎。

その名もとっても分かりやすい“本まぐろ”。

鹿児島県の原口酒造さんと共同開発で

有機栽培のさつま芋とお米で造った

本格芋焼酎が出来上がりました。

有機栽培の芋☆ムラサキマサリと黄金千貫(コガネセンガン)

を使ってあるため、甘い香りと芋の旨みが楽しめます。

もちろん☆まぐろ料理にぴったりの焼酎。

Photo_2

この焼酎の売り上げの一部は

本まぐろの保護を行っている研究機関や団体

へと寄付されます。

美味しくいただきながら☆

少しでもなにかお役に立てる焼酎って

いいと思いませんか?

『一日一杯で一日一善

一日の終わりにいいことができる焼酎です

神亀☆

Photo

お隣の穂の香さんの酒粕パン。

またまた☆いい仕事してます。

キラりと光るこのツヤ~

神亀さんの酒粕が使ってあります。

パンとの相性がバッチリ

麹の香りが甘くて

しっとり☆ふわ~とした食感がたまりません。

期間限定の酒粕パン。お早めに。

タンポポ☆

Photo_2

土曜日に3冊。

日曜日にまた1冊。

本を買いました。

そういえば☆表紙の色が

4冊とも黄色でした。

最近☆気になる色は黄色みたいです。

黄色は知性を意味する色で人に喜びを与える色。

とありましたがたしかに☆本も買ったし

人に楽しいことを伝えたいと

ブログも毎日更新するようになりました。

あと☆たんぽぽコーヒーも飲んでます。

たんぽぽの根っこを焙煎したお茶なんですが

香ばしく☆根っこのパワーがつまっている感じがします。

たんぽぽもこれまた☆黄色なので

しばらくの間は黄色にかぶれてみます。

白菜☆鍋

白菜に含まれるビタミンCやカリウムなどの栄養素は、

水に溶けやすいので、鍋でいただくと、効果的にいただけます。

カロリーも低いので☆た~くさん食べても平気

冬の定番☆白菜鍋は豚バラも入れて

お肉からでる美味しい旨みと一緒にいただきます。

Photo_2

大盛り白菜。

Photo_3

フタをして煮ること15分。

Photo_4

こんなに☆ちっちゃくなっちゃった。笑。

体が温まって、白菜をたくさん食べられる

白菜鍋は冬の鍋の一番です。

おやつ☆

Photo_3

お馴染み☆おとなりの穂の香さんのパン

おやつの時間にいただきま~す。

なんとも美味しそうなこの艶。

美味しく光ってます

Photo_4

中にはまるごと栗がごろごろ入ってて。

キャラメル☆マーブル。

耳のサクサク感と中のしっとり感がいい。

焼きたてのパンの香り。

焼きたてのパンの香りって

ほんと、幸せな気分になります

秘蔵梅酒☆

Photo_2

鹿児島県の焼酎蔵“小正醸造”の長期熟成梅酒。

本格焼酎で仕込みました。

“秘蔵梅酒”ラベルも存在と

味わい深いものがあります。

奈良の王隠堂農園の新鮮な青梅を

本格焼酎で仕込みました。

王隠堂農園では「不要な添加物」を使わず「国産」にこだわり

国内自給率向上に取り組んでいます。

新鮮な青梅と本格焼酎で仕込み、

じっくりと長期熟成させて梅酒は

とろ~っとしたコクのある味わいです。

長期熟成ならではの柔らかい香りと

コクのある味わいをお楽しみください

光の春☆

空気はまだ冷たいですが

太陽の光が温かく感じるようになりました。

今日はくもひとつない空が広がって。

晴れやかな気分になります。

Photo

そして今日は節分。

恵方巻きを“南南東”に向かって

ほおばりたいと思います。

今年1年☆皆さま!健康でありますように

里のたまご☆

Photo_5

安八の友人からもらった☆里のたまご

さっそく☆たまごのごはんを頂きました。

新鮮なので割ってみると、黄身も白身も、

盛り上がってとても☆元気なたまごでした。

もちろん☆おいしくいただきました

今☆鳥インフルエンザのニュースをよく目にしますが、

人に感染するおそれはなく、

鳥インフルエンザに感染した鶏は市場には

出回らないそうです。

そういえば☆小さい頃☆両親と一緒に近所の喫茶店に行って

ゆでたまごと厚切りのパンを食べるのが好きでした。

坂東英二には負けますが、たまごには目が無いわたしです。

にわとりさん美味しい恵みをどうもありがとう

光のページェント☆

お母さんがなばなの里へ行ってきました。

とてもキレイだったので☆アップしたいと思います。

Photo

Photo_3

Photo_4

冬の空気は澄んでいて☆とても綺麗ですね。

撮影者お母さん。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »